後の世まで伝わる衰えないブレゲTradition後の世まで伝わるシリーズの7097が自動的に逆で秒針の腕時計を跳びます

2005年、ブレゲTradition後の世まで伝わるシリーズが誕生する時、人々は怪しんでブレゲでそのクラシックとハーフバックをいっしょに解け合って、転覆性はが原本を時計の文字盤のメインボードの下にあるチップに隠れて構築するのが時計の文字盤の正面で現れます。このようなとても特別な設計、ブレゲの歴史でモデルの上で表しが現れのでことがあります。今年、ブレゲはまたTradition後の世まで伝わるシリーズのためにまた佳作を増やして、全く新しいTradition後の世まで伝わるシリーズの7097が自動的に逆で秒針の腕時計を跳んで名声を得て位置の逆なの10時に秒針を跳んで、そして巧みで完璧な技巧と非常に優れている美学を私達の目の前で現れます。

Tradition後の世まで伝わるシリーズの7097が自動的に逆で秒針の腕時計を跳んで18K白色の金を採用して製造してなって、外形の豪華な風格が優雅です。外縁が飾って私達のブランドコピー時計とてもよく知っている貨幣の紋様があって、これはブレゲのシンボル的だ設計の元素です。

初めてTradition後の世まで伝わるシリーズの7097が自動的に逆で秒針の腕時計を跳びを見て、時計の文字盤の上の精密な機械に引きつけられました。

ブレゲはSubscriptionを参考にして表す機械設計に触れるのと懐中時計を予定して、機械的で平衡がとれていてつりあいがとれている視覚効果を現しに来ます。時計の文字盤の上で4時に位置は捕らえてたとえ車輪を並べるのでもを設けて、このため8時に位置もそのサイズとと同じ中心の車輪が設置されていて、大型のぜんまいの箱は時計の文字盤の中央に設置します。

同時に、メインボードと添え板は特殊だで砂の技術を噴き出して潤色して、このような技術はすばらしい技術と巧みで完璧な操作が必要で、ようやく構成規則のしかも平均している表面のことができます。

青い金の質の時計の文字盤は大きい時計の文字盤の12時の位置に設置して、特殊な漸進的変化の効果を現すことができます。時計の文字盤の上で手作りの彫り刻む丸くない真珠を飾って模様を刻んで紋様の図案を打ちを彫刻して、そしてブレゲのポインターを配備してアラビア数字時にと表示します。Abraham―LouisBreguet先生は1人が技術を重視してまた美学の完璧な主義者を想い抱くので、この腕時計の上でその中のいわくを垣間見ることができます。

10時に位置の秒針が逆に跳んでこの腕時計の輝点があるなことを表示して、ポインターが60秒の位置に移動する時、迅速に跳んで戻って最も始まる位置の上に着くことができます。形の逆なのをあおいでディスプレイを跳んで頃と表示皿が全て環状を採用して針金をつくって処理する方法、もっとはっきりしてい読みやすいです。

カテゴリー: 最新news パーマリンク