漢のミルトン所属の子会社Pulsarはもう1度石英の時計を刻みます

1970年、漢のミルトン所属の子会社Pulsarは歴史の上座のLED発光ダイオードディスプレイの石英の時計を出しました。手付け金のスーパーが高くて、18k黄金バージョンは売って2100ドルまで着いて、その時6つの全く新しいロレックスの鋼製車体を買い取って導いて通して持つことができました。

それから日本Seikoがきても作品に関連しているのウブロコピーを出して、なぜかというと安い価格、直接Pulsarをし腹ばいになって、最も後漢ミルトンは甚だしきに至ってはPulsarをSeikoに売りました。

今年はPulsar誕生50周年で、そこで漢のミルトンは1モデルの復刻版を出しました。金めっきと全鋼の材質を採用して、サファイアは鏡を表して、売価が別れるのは約7000と5500元で、その中の金めっきは1970制限して、全鋼は制限しません。

今のためPulsar商標は日本のセイコーに属して、殻の上のLogoを表して漢のミルトンのに変えました。

カテゴリー: 最新news パーマリンク