フェラーリを始めてやっとこの腕時計を持つ資格がありますか?

1980年にの宇の大きな船に誕生して表して独特な美学の概念を持っていて、ブランドは材質を得意とする上に文章を作るだけではなくて、同時に腕時計の構造の造型に対して再編を打ち破って、自分の独特な表を作成する風格を形成します。2013年、敬意を表するためフェラーリ特に制限するシリーズのスポーツカー、宇の大きな船は後世に伝わる作品MP―05“LaFerrari”の腕時計を表して初めて見得を切て、そのただ1つのとても複雑な表を作成する技術を展示しました。2016年発表する全く新しいMP―05“LaFerrari”は完全の透明なサファイアの材質を採用して、更に十分に宇の大きな船の表を作成する技術の上で最高峰に達するレベルを展示しました。続いて私達はいっしょにおよそMP―05“LaFerrari”の腕時計を鑑賞するまで。(腕時計の型番:905.JX.0001.RT)

このMP―05LaFerrariサファイアの腕時計、完全の透明なサファイアで殻を表してフェラーリのエンジンで霊感のために宇に住む大きな船製造しだしたチップをくるんで、視覚を高く備えて衝撃します。

MP―の05“LaFerrari”の流線型の線は宇の大きな船がチップのデザイナーと表を作成する師とフェラーリ設計の総監督FlavioManzoniのを表して共に製造するので、フェラーリ特に制限するシリーズのスポーツカーの“LaFerrari”で敬意を表します。

全体の腕時計の外側はすべてサファイアの透明な時計の殻から製造してなって、立体はの切断して内部装置になってとてもすばらしい空間を提供して、チップは浮遊状態のようだサファイアの彫り刻んでなる表す殻の中で。どの角度にも関わらずから、すべて腕時計の内部の構造と設置まで(に)鑑賞することができます。全部殻の製作時間を表して600時間を上回って、53.5gに達して、防水の深さは30メートルまでやり遂げることができます。

腕時計の内部は宇の大きな船の自制するHUB9005.H1.PN.を搭載します1型は手動で鎖のチップに行って、持って垂直の位置陀はずみ車装置があるだけではなくて、更に11脊柱型の並べるぜんまいの箱のようだ備えて、提供して50日の動力備蓄物を整えることができて、作って手動で鎖陀はずみ車の腕時計の動力の貯蓄する世界記録に行きます。

HUB9005.H1.PN.1チップはLaFerrariが機関室を始めるのを霊感にして製造して、637の部品を持ってと式の垂直陀はずみ車を掲げて、チップかたくて比類がない橋板の上に技師の彫刻する“HUBLOT”の字形がまだあります。

腕時計の先端の垂直面の上で精巧な秒が現れて表示して、それらは固定のから式陀はずみ車の骨組みの上のはっきりしている周りの壁のない柱形の体を掲げていて指示します。ぜんまいの箱の右側の時計と分に位置して、ぜんまいの箱の左側の動力に位置して保存して皆同じくはっきりしている周りの壁のない柱形の体を通じて(通って)表示します。その他に、底側を表して黒色の標記する“FERRARI”(フェラーリ)の字形がまだあります。

この腕時計は伝統の腕時計のように設けて冠を表しがなくて、そのため宇の大きな船が表してこの腕時計になって配備した手動で鎖のミニ電気ドリルに行きに用いて、この電気ドリルはF1試合の中で使うタイヤを交換する道具を参照して作ってなります。

その他に、マッチングするこの腕時計の超未来思う外観のため、MP―05“LaFerrari”のサファイアの腕時計よく合う透明なシリカゲルの腕時計のバンド、ボタンを表してサファイアで彫刻してなります。

総括します:この腕時計MP―05“LaFerrari”のサファイアの腕時計は持っていて視覚の衝撃力の外形設計に富を極めて、このスーパーコピー時計n級ような設計した理念も宇の大きな船の表す革新の精髄ときんでている品質を明らかに示しました。腕時計は制限して20発売します

カテゴリー: 最新news パーマリンク