ランゲの初めて発行するLANGE 1シリーズの25周年紀念版

めくることができるプラチナの底はかぶせて1873年のランゲ時計工場のもとの様子を彫刻して、そして両側でワルター・ランゲ(Walter Lange)と君の特・布と呂とLane(Günter Blümlein)の名前を彫り刻みました

一方、西側諸国いつも“25”の行為で重要な祝う周年。2019年に正にLANGE 1ランゲの1の世間に現れる25周年で、ランゲもそれに応じて一連の25の周年紀念にモデルを表すように出すで、その中の1モデルの初発行LANGE 1ランゲの125周年紀念版は全世界の250匹で、その他はモデルを表すのが皆全世界の25匹なるを紀念します。その他に、ランゲも特に当時にブランドの式典を初めて発行する同一の日を選んで、25年後で6つ目の腕時計のシリーズODYSSEUSオデュッセウスを発表して、精密な鋼の腕時計を出して、その大きいカレンダーは依然として日を設けて“25”になりを表示します。“25”のこの数字はとっくにランゲのシンボル的なブランドの文化になりました。

それから、私達はまた友達達の比較的関心を持つ大きいカレンダーの表示機能を表すまで(に)言って、どうして10人の数字の左側のウィンドウズを代表して白の表示する設計を残しがありますか?

歴史を回顧して、ランゲ先生は1842年に遊学して帰って来る後で、先生宮廷に表を作成して昔のしきたりに倣ってKeyes特に共にドレスデン森ハンカチオペラ劇場のレプリカ時計ために有名な5分のデジタル時計を建築したように協力して、皇室の貴族達にオペラ劇場の中で同時にオペラのを鑑賞させて、はっきり時間をも知っていることができます。ランゲの大きいカレンダーのディスプレイ装置の設計の霊感便はこのに生まれるのです。

もしも注意深くこの大きいカレンダーのディスプレイウィンドウの枠設計を観察して外、それと5分のデジタル時計がぴったり合っているのを容易に見て取れます。5分のデジタル時計は長方形の様式で、中間の1本の傍線、左右2枚の窓、その中の左側のウィンドウズは、右でアラブのディジタル表示の分(5分だと)でローマのディジタル表示時間ウィンドウズを使います。ステップはランゲの大きいカレンダーのウィンドウズの内で着いて、ローマ数字が“0”がないため、歴史に向って敬意を表して、ランゲは特に1―9番の期間の10人を白に残して、これどうして期日まで着いたのが一の位の数字時、左側の10人の数字のウィンドウズは空白の原因を表示します。

カテゴリー: 最新news パーマリンク