ダマスカスは金の技術を埋め込みします

金は技術を彫ります

17世紀にフランスHuguenotの教える手作業の芸人からスイスの金に入って来て技術を彫って、全体の時計の体系の重要な特徴を構築するのです。いまどきになって、ブランパンは依然としての引いて不可欠な表を作成する伝統になるを堅持します。最も伝統と純粋な金は技術を彫って全く手製で完成に頼らなければなりません。スイスの国宝級の金は大家を彫って平面の上であっさりしているのブランド時計コピーを描きだしてトレーシングして、それから各類の手工具で時計の文字盤あるいは添え板の方寸間が直接切っ先を使うに刺青と図案を彫りだして、最後にのみで図画を適切に風格を彫刻するによって細い加工に行って、時計の作品のために更に備えて力と個性化の芸術の風情を表現するのに与えます。異なる彫刻の方法は異なる道具を選択して使用して、金は大家の仕事のテーブルの上で40本を越えて彫刻刀決して珍しい事件でないをの彫りをレイアウトするのを彫ります。

ダマスカスは金(Damascening)のこの名称を埋め込みしてシリアの有名な古い都市のダマスカス城から源を発します。13世紀、このは聞くところによるとメソポタミア平原、ためあまねく金属の花瓶の飾る技術がペルシアからインドまで(に)広く伝わりに用います。その美学の魅力は15世紀にまた更に中欧の大地まで(に)遠征します。ブランパンの開始性はこのような歴史が長い技術の形式を平方寸の時計の文字盤間で運用して、独創的にまたきんでていて非凡な高級のオーダー制の腕時計を製造しだします。

作る時、まず厚さがただ1―2ミリメートルの金属の時計の文字盤の表面のためだけで図案しわ設計によって、0.2–0.4ミリメートルのグルーブのためただ深さだけを彫刻しだして、それから金の糸をグルーブの中に組み込んで、叩く圧縮、最後はまた時計の文字盤に対して売り払いを行って磨き上げて、それつるつるしていて平らです。ブランパンの高級のオーダー制の腕時計の収集家達に熱中して、金属を自分で設計して図案を象眼することができて、3次元設計の元素をも加えることができて、作品の立体の美感を作ります。

カテゴリー: 最新news パーマリンク