60年代のハリウッドの巨星の腕時計の審美

《エジプトが派手になった後に》この映画を言い出すのが言えるのは分かっていない人はいないのが分からない人はいないので、その男性の主役のリチャード・バートンと女主人公のエリザベスとテーラーの22年続く愛情のいざこざに扮するのが人となりが自慢げに話すです。今日私達はリチャード・バートン(RichardBurton)を見てみに来て、こちらのハリウッドは60年代最も有名で、社会的地位の最高な最も飛ぶ鳥も落とすスターはすべて何をつけて表しますか?

当然で、リチャード・バートンの派手な後の半生は間違いなく無数な名を持って真珠や宝石を表して、私達は1つ1つ細くすがりつくことがあり得なくて、今日私達のおしゃべりするのはバートンと22年つきまとうので、彼の一生最も愛した女のエリザベスとテーラーの彼にあげるプレゼントです。

これはリチャード・バートンとエリザベスとテーラーのローマの時の写真で、写真の中で彼らは互いにプレゼントを送っていて、バートンはテーラーのきらきら光る真珠や宝石にあげて、テーラーはバートンの1枚の金色の腕時計にあげました。その時の2人は更にとても幸せです。

この金色の腕時計は正にパテック・フィリップ、同様に貴重で比類がなく(奇怪ではなくて、その時2人のは金の能力を吸い込んで)がまったく普通ではありません。これは1枚の黄金の材質で、シャンパーニュの色の時計の文字盤、そして編む型金属の時計の鎖の腕時計に付いていて、あらん限りの力を尽くすのは派手で高貴です。背負って刻みを表して“Rwy’ndy garudi”―“Iloveyou”のin Welshの文字があります。2002年良い士Christie’sSouthKensingtonオークションの上で、この腕時計は10で、000英ポンドは取引が成立して、その時の物価を考慮に入れて、この取引価格はきっともう低くありません。

リチャード・バートンとエリザベスとテーラーの愛情はいつも口論、傷つけるのに伴っていて、知り合いになって愛し合って互いに守ることはできなくて、彼らは離婚してそれなのに再度婚姻に回復してことがあって、しかし、4ヶ月だけの後でまた再度分裂します。バートンのが“で私達は好きなのがとても激烈で、最終は私達は両方とも体が疲れ果てました。”しかし彼らも落ち着いている日があっのでことがあって、その時バートンつけたようなのは1モデルの青い盤面のオメガの腕時計でした。

1966年、映画《誰の怖いバージニア・ウルフ》の中のすばらしいパフォーマンスのため、2人は共にオスカーの最優秀男性、女主人公賞をノミネートするに、最後に彫って自分の2つ目のオスカーの金(さん)人にささげ持って戻りを献上して、バートンが失望していて帰って、これはすでに彼の第5回がノミネートさせられるのでした。その後、1969年に波は主演の作品の《血が雪山のトーチカを染める》と《アニーの1千日》にちょっと止まって大いに得ることに成功して、そして1970年にCBE(イギリスの最高級の巴が勲爵位を思い慕う)を授与させられます。彼らの生活した別荘の中でテーラーは彼の1枚のオメガに贈りました。上図は1971年のバートンのためにテーラーの彼にあげるオメガの腕時計をつけています。

これは1枚の全体の金色のオメガのロレックスコピー腕時計で、四角形の時計の文字盤、カレンダー機能に付いていて、前のパテック・フィリップとぴったり合っていての、同様に派手で比類がありません。1984年8月5日、1世代の巨星のリチャード・バートンは1年中58歳亡くなります、。彼が死んた後に、このオメガの腕時計のイギリスでのSilverstone Auctionsオークション上で、取引価格をオークションさせられるのは最終9、635の英ポンドです。

カテゴリー: 最新news パーマリンク