セイコーPresage有田は“赤い12”の定価を燃やして万を過ぎて、あなたは買いますか?

2019年のバーゼルのセイコー往年とと同じに、多い新作の作品は一斉に登場して、その中は2モデルが日本の有名な“有田が燃やす”のセイコーPresageを採用するのがあって、型番が別れるのはSPB093とSPB095です。それらの政府の定価は:SPB093の指導価格は13900元の人民元で、SPB095の指導価格は11900元の人民元です。最も基礎の大の3針のデザインはすべて万元を超えて、あなたは買いますか?

“有田が燃やす”を言い出して、日本の国の技を言うことができて、日本の3お名前が中の一つを燃やすので、今なお全世界で高い名声を負います。“有田が燃やす”は日本の磁器の起源の地に起源します――田鎮があって、“日本景徳鎮”の称がある田鎮があります。今回の出すセイコーPresageシリーズの“有田が燃やす”の腕時計は同時にまた(まだ)“赤い12”の設計を採用して、12時のローマの時に表示するのは赤色のです。

日本の“有田が燃やす”は少し私達の磁器に似ていて、でもまた明らかな日本の特色に付いています。全く新しいセイコーPresageシリーズと“有田が燃やす”は完璧に結び付けて、出す2モデルの自動機械的な腕時計は皆“有田が燃やす”の時計の文字盤を採用します:無地で青の色の図案をスケッチして、すぐ初期の有田の燃やす色です。田鎮の実際に生産する時計の文字盤があって、優良品質の陶磁器のシンボル的な優美な曲線と色合いを備えます。

“有田が燃やす”を使って時計の文字盤を作って、難点はその強さと丈夫さにあって、さすがに磁器ためです。3年前に、新しい有田は陶磁器を燃やして世間に現れて、ソリューションを提供しました。このような普通の陶磁器の硬い4倍の新しい陶磁器に比べてPresage時計の文字盤の必要な強さと延性と展性を提供することができます。新しいPresage陶磁器の時計の文字盤は1家の1830年の開業する有田から労働者の坊を燃やして生産します。商品の製造を監督する陶磁器の大家の橋のたもとの博したのが彼の同僚過去の数年来Presageチームと協力で、とと一緒に時計の文字盤を開発するのを担当します。橋のたもとの大家と職人達は自ら手製で上薬を塗ってベーキングで、オーデマピゲコピー時計の文字盤の豊満なのが光覚とかすかなブルースの色合いを投げるのを確保します。

真っ白くてすっかり理解する時計の文字盤の上で細長いローマ時優美な柳葉のポインターを表示してと、時の標識とポインターの異なってつやがある影の下で現れたブルースの色合いはとても人を魅惑します。“赤い12”の設計はもっと腕時計は1筋の生きている息を注ぎ込んで、あでやかな色の応用も日本の磁器が中国の磁器の場所で区別するです。

2モデルの“有田が燃やす”のセイコーPresageは皆ステンレスを採用して殻を表して、その中が動いて蓄える(SPB093)の時計が直接40.6ミリメートルなるを表示して、厚さは14.1ミリメートルです;大きい3針の(SPB095)の時計は直接40.5ミリメートルで、厚さは12.4ミリメートルです。人がいくらかありにとって、動いてモデルを現す恐らく厚すぎて、比べて見てやはり(それとも)大きい3針のモデルはコンプライアンスを更に備えます。2モデルの腕時計は皆2層のアーチ形のサファイアのクリスタルガラスを配備して鏡(反射消失の上塗り処理)を表します。

2モデルの“有田が燃やす”の腕時計は皆セイコーの6Rシリーズのチップを搭載して、大きい3針のモデルは全く新しい6R35のチップを搭載して、70時間続く動力を提供して貯蓄することができます。もう一つのモデルは6R27チップを搭載して、9時に位置は動力の貯蔵を表示して、6時に位置は期日を表示して、動いて45時間蓄えます。入門する大きい3針の価格は去年の“七宝が燃やす”より更に高くて、チップのアップグレードする原因もあります。

全く新しいセイコーPresageシリーズの有田は陶磁器の時計の文字盤の腕時計を燃やしてセイコーの一貫しているレベルを維持して、セイコーの腕時計と日本の伝統の技巧を完璧に互いに結合します。もしも予想外に出ないで、またセイコーは次が支持するデザインを受けるのです。

カテゴリー: 最新news パーマリンク