ジャークの独ルーマニアの錦のコイの変化するハスの自動人形の腕時計は中国で厳かに発表します

2019年6月の19日、北京。スイスの派手な腕時計のブランドのジャークの独ルーマニア(JaquetDroz)厳かに開幕する全く新しい力作――錦のコイの変化するハスの自動人形の腕時計、技術が独自の境地に至っている時計算する臻の品物は生命の永久不変が巡回するのを称賛します。ジャークの独ルーマニア全世界の総裁のアカザの狄安(ChristianLattmann)の先生、スウォッチグループ中国管理委員会の成員の廖は嘉先生、ジャークの独ルーマニア全世界の副総裁がおよび、総監督のマルク・エレン(MarcAellen)の先生、ジャークの独ルーマニアの中国区副総裁の陸興衛先生を販売して現場にご光臨するのを信じて、来賓とと一緒にジャークの独ルーマニアの光り輝く時間を目撃証言します。

また中国に行ってとけない縁に続きます

中国の清の時期で、ジャークの独ルーマニアの独創の美学と精妙な技術、乾隆帝の本人と京中高位高官の愛顧を受けます。ジャークの独ルーマニアは10年間中国に向ってで600数件の製品を売り出しのでことがあって、いまどきになって、故宮は依然として心をこめて手の件のジャークの独ルーマニアの自動人形と時計算する臻の品物を収集します。

今回のジャークの独ルーマニアはまた新型を携えて上京して、またブランドと中国の深い源に続きました。ジャークの独ルーマニアは更に技術が独自の境地に至っていてよく動く方法でたとえばの蓮の花、錦のコイなどの東方の元素を自動的に人形のシリーズの腕時計の中で現れて、西方を譲る時計算する技術は東方の美学ととけ合ってぶつかって、ジャークの独ルーマニア中国の旅のIWCコピーために更に並外れている意味を増やします。

カテゴリー: 最新news パーマリンク