法外な値段が買えないで器のを表してここを見るのに揺れます

近い段時間、小さく何編が揺れて器の文章を表しに関係するかを編纂したことがあって、謎達を表してもすこぶる興味を持って、しかしその高価な価格に対応して、どのくらい多少あまり“親民”でない、でも今日私はみんなが紹介するために1人の外国の友人の自制する“時計器に揺れる”で、自分の着手した友達が少し参考にするとよいのが好きです!

1モデルとして揺れて器を表して、私達はこちらの外国の友人の発明が本当に粗末すぎるのを見ることができて、2つの基板に1つの透明なガラスは覆って気楽に解決して、しかし、実際の機能にとって、それそれとも満足の。

一般的に言えば、器を表してすべて順時計方向、逆時計回りの機能を備えるのに揺れて、ネット友達DIYの製品もこのようにで、それの採用した運行の方法はただ比較的簡単なだけ、ただ2つのローラーだけに頼ってパワーテークオフにして、1つの円筒のためただ腕時計の装置だけを保管します。

でも注意深いネット友達は容易に発見して、全体の設計の材料はたいへん粗末ですが、しかし細部一部でやはり(それとも)加入してたくさん設計にヒューマナイズして、たとえばローラーは融通がきく両端とすべて“かばんの辺式”の設計を採用して、一方は融通がきき運動していて過程で落ちるのを防止するので、一方は使っていて過程で保護する効果を果たすことができるのです。

2つのローラーの位置でまた(まだ)2つの表示プレートを設けて、ひとつのは比較的常用する時間が表示するので、もう一つの個は腕時計の回転した巻数および、回転する方向を記録して、これに話が及んで恐らくネット友達に少し気づかせて、なぜかというとよくある設計は普通はすべて長い時間の/に沿って回転に逆らいを保証することができて、しかし何分が一回回転して小さい手続きに参加しなければならないをの保証して、これも自制が揺れて器の一大の難点を表すです。

1時(点)比較の注意する必要があったのがまだあるのは、回転して難題がではないが、しかしどのように回転する回数を記録して比較的面倒をかけて、こちらのDIY達人の方法は円筒の底部で感応装置に参加して、いつも回転して位置の時べきならにまで(に)記録させられて、それによってユーザーに腕時計に実際のに過程で一体何回回転したように理解させます。

原文の資料がとても別に詳しくないため、私も明らかではない時計のディスプレイシステムは定時に機能を待ちを支持するかどうか、しかし普通のが時計器に揺れるのロレックスコピーにとってでもこの項に参加して設計して、それが腕時計が自動的に鎖の肝心な点に行きを保証するためです。作者のアップロードする動画を通じて(通って)見に来て、このDIYのは器の運営モデルを表して4分のために一回回転するのに揺れて、もしかすると後期の手続きを通じて(通って)調整して、それはもっと多い運営方式があることができります。

普通な私達の市場のよくあったのが揺れるのが器を表す値段が高くて、その上主にスイスあるいはヨーロッパに生まれて、少し価格の少し低いのは日本から来て、国内の製品は決して推薦しないのとなると、ネット友達DIYの製品まさしく娯楽、さすがに自分でDIYの製品はまず品質と性能の上にすべて保証がなくて、同時にこのような粗末な装置も加えていかなる磁気を防いだ設計を設置することはでき(ありえ)なくて、だから着手することが好きな友達は“少し遊ぶ”を試みていることができて、しかし実際に使いを提案しません。

カテゴリー: 最新news パーマリンク