シンプルで優雅なNOMOS Tangente 33duo腕時計

NOMOSはFerdinand Adolph Langeから1845年にドイツで創立するので、ドイツが統一した後に、伝統の表を作成する業は再度復興して、NOMOSも表を作成する業の中でドイツ活力あふれるブランドの中の一つになりました。NOMOSはドイツの高級の表を作成する伝統に続いて、きわめて簡単な風格で、その設計の理念を腕時計の中まで(に)溶け込んで、近代的な若い人の眼光を引きつけました。続いて私達はでをNOMOS Tangente 33 duo腕時計は例で、いっしょに鑑賞しに来ます。(腕時計の型番:120)

この腕時計の上で、細部ごとにすべて屈折はハウスの風格を包む精髄を出して、捨ててあまりにもくどい細部設計を落として、簡潔な設計を通じて(通って)腕時計が現れに来て、若い人の流行っている審美と互いに符合したのです。

この腕時計は33ミリメートルの腕時計の直径を持って、近代的なレディースのために製造して彼女たちの腕時計に適合して、玉の手首を際立たせだすのがほっそりとしています。殻を表して精密な鋼の材質を採用して製造してなって、表面は売り払う技術処理を経て、精致な感を出しをはっきりと示します。3時に位置は設けて冠を表して、上が彫り刻んでNOMOSのクラシックマークがあって、かつ周りは滑るのを防ぐ筋模様設計、更に便利な操作、つるつるにやすくない手を採用しました。精密な鋼は殻を表して白色の時計の文字盤によく合って、金色のポインターによく合って、腕時計のために気高い風格を加えました。腕時計はただ2本のポインターだけを設けて、シンプルな両針の設計は同様に若い人の好感を受けて、モカブラウンのアラビア数字の時に標識はポインターと持ちつ持たれつで更によくなります。

ベージュのベルベットの皮バンドは女性の優雅なのを出しをはっきりと示して、装飾は色の車と縫いがあって、たいへん冬季の雰囲気に適合します。Alpha.2は手動で鎖のチップに行って腕時計のために動力を提供して、このチップはその他に1枚の自制のチップAlphaをそのまま用いて、しかしいくつかの重要な調整を経て、第4歯車の部品は更に小さくて、Tetra両ポインターの精巧な腕時計に用いたTangente、Orion、Ludwigと中に、動力が貯蓄するのは大体43時間です。

NOMOSの腕時計が高く備えて度を知っているのを弁別して、それはブランドDNAと近代的な審美の理念を解け合っていっしょにいて、時代とともに進んで、長い間がたつのがni新しいです。この腕時計はシンプルで優雅な外形設計を持って、真珠や宝石によく合ってつけることができて、近代的な女性のみなさんのために一般のものとは異なる腕時計を提供して選びます。

カテゴリー: 最新news パーマリンク