チップCampanolaを採用して自主的に全く新しいNZ1001シリーズの時間単位の計算を製造して時計を積み重ねます

周知のように、Campanolaは日本CITIZENのハイエンドのブランドで、それはシチズンの80年来の巧みで完璧な技術に解け合ってと哲学を設計して、逸品に極力努めますモデル。近日、Campanolaは所属の全く新しいNZ1001シリーズの時間単位の計算に時計を積み重ねるように出して、比較的面白いのはそれの使ったチップがLa Joux-Perretから産するので、日に本の田舎くさい完成を組み立てます。

2012年、シチズンはスイスに位置するチップメーカーLa Joux-Perretを買い付けてそして獲得して単独でチップの技術を生産して、2015年8月に所属のハイエンドのブランドCampanolaから発表してこの工場のチップの全く新しくて機械的な腕時計の製品を搭載します。その時はよく合うのY―513チップで、大きいカレンダーの窓と動力のストレージディスプレイのCampanola Mechanical NZ0000の大きい3針のシリーズの腕時計を備えます。今回の出したN1001シリーズの機械的な腕時計はCampanola所属の最も複雑な製品で、その出現はきっと業界の広範な関心を引き起こしました。

新作NZ1001シリーズの時間単位の計算は表す表す殻がステンレス製を採用するのを積み重ねて、表すのは直接44ミリメートルで、鏡映面はサファイアの水晶の材質を採用してそしてノングレアのクラッド層処理を経て、底が採用のをかぶせるのはサファイアが実情を伝えて設計するので、全体に段階を更に備えて思い見える。今回の新型の最大の輝点は4つのネジ固定のスーパーコピー時計N級スピード測定器Tachymeter立体の目盛りの輪からあって、造型が独特です。その他に、時計の針、分針がそのまま用いる前のサイドオープン設計、でも全体の線は更に簡潔で、全体に動感を更に備え見えます。

それ以外に、NZ1001シリーズの時間単位の計算が時計が関心を持つ別の1時(点)を受けるのを積み重ねるのはよく合う所属子会社La Joux-Perretの生産したY―150チップで、その奮い立つのはしきりに28800回/時間で、動力は保存して42時間になります。30分、12時間を備えて、および小さい秒針などの時間単位の計算機能、外観の上で、NZ0000シリーズの大きいカレンダーの窓をそのまま用いて表示して、ユーザーを観覧し始めるのが更に手っ取り早くさせます。

現在のところ、NZ1001シリーズの時間単位の計算が時計を積み重ねて2モデルが選ぶことができるのを全部で、ひとつのは白色の時計の文字盤が青いポインターのNZ1001―09Aによく合うので、もう一つの個は黒色の時計の文字盤が銀色のポインターのNZ1000―61Eを配合するので、腕時計のバンドの方面はワニのサメ皮或いはステンレス製を選ぶことができます。

カテゴリー: 最新news パーマリンク