深センの時計展は真っ先に緑色に深い国際化を展覧して環境保護の理念を探求するように出します

第25期の中国(深セン)と国際時計展(略称の深センの時計展)は会議・展示センターに開幕します。深セン市の会議・展示によって貴センターをしてと緑色の会議・展示を推進して、会議・展示の経済に発展して環境の破壊と資源の浪費に対してを代価にするべきでないのを強調して、循環型経済の原則に従って、環境を保護してと合理的に開発するのをとって、会議・展示と環境の調和、持続的に発展する方針を実現して、主な承ban機関の深セン市の時計が会と深セン市晶品会議・展示文化伝播有限会社に力を合わせるのは積極的に協力して、環境の責任を引き受けるのと環境保護の理念に応えて、取引先、供給商、使用者、パートナーに持続的に緑色が理念を展覧するのを宣伝して、重要展示業者がとホームで商のを建てていろいろと調査し研究した後にと通って、今期の展覧会で全面的に緑色展を実行して政策を設置するのを確定しました。

今期の深センの時計展は量を減らして、繰り返し原則に使って、循環、取って代わりに従って、できるだけクリーンを使ってあるいは再生して物品いくつかの物品に取って代わることができます。同時に、特に企業の重い複利を設置して材料を展覧するのを励まして、環境保護に関心を持ちます。2013年に始まって、深センの時計展は展示に参加するブランドに環境保護の展示に参加する意識を注ぎ込みを始めて、大型の特装展示業者が3年間計画で展示の方案を行いを推進します。主ban機関は展示業者学び欧米の先進的な展示に参加する理念を求めて、ブランド設計の長いテーマのイメージのため、環境保護、安全だ、繰り返し利用することができる高品質の内装材料を採用して、主要な構造、形式の不変の基礎の上で小さい調整をして、ブランドに3年の展示する中に維持する安定的なイメージ、また細部上で延長のアイデアを表現させます。同時に、時計展主な受け入れ側はと主場プロバイダーを通じて(通って)協力で研究開発して、新しい造型、新素材の結び付ける便宜を図る組合せ再作用の新型の標準の展示場所を出してしかも、展示業者のを獲得して認めます。アップグレードの後の標準的な出店場所の一方では高まる展会の全体のブライトリングコピーイメージ、小さい展示場所の展示業者を使っても精巧で美しい展示の効果があることができる譲って、一方、十分にそろっている展示の効果は大いに展示業者が普通に対して屋台を表示して使ったのを美化するのを行って材料を貼りを減らしました。緑色が装飾して時計展展示業者が合理的に資源を利用するのを推進するでしょう、展示するレベルのを高めて同時に全体的にコストを節約していて、そして大幅に展を減らしをごみの発生に設置して、深セン市の努力して行う循環型経済のため、省エネ・廃棄物削減はわりに大きい貢献をします。

深セン時計展主ban機関の深セン市の時計の業界は国家、省、市の多数として革新してプロジェクトのテストケースの部門を管理するのに力を合わせて、各級の政府の指導する高度な評価を獲得して、志して緑色の展覧の管理の方面で先進管理パターンの応用と成功を推進するでしょう。

カテゴリー: 最新news パーマリンク