謎を表してどうして愛顧の日本が表を作成しますか?

アジアが唯一表を作成する領域と西方の対抗する国家にあることができるとして、日本は表を作成する業は比較して言うと歴史が悠久だが、市場で上でスイス、ドイツの伝統の表を作成するブランドと庭に分けて対抗することができます。その原因を追求して、時代の背景、消費の慣れる転換はとても大きい関係を持っています。“石英の危機”は日本の表を作成する業を作って、現代人のガガミラノスーパーコピーもっと多い選択にもあげます。前区時間、腕時計の家は日本のセイコーのブランドの招待を受けて、日本に向かって1週間の時計工場を期間にして旅を見学するのを開きます。

本当の話が自分で日本にも何度(か)行ったことがありを行くと言って、私達はすべて日本が大体関東、関西一部に2つ分けるのを知っていて、冬は日本へ雪を(に)見に行く夏は日本へ海を(に)見に行く景色はすべて十分に人を遊びにふけって帰らなくさせます。その外、みんなは日本の観光に1つの原因がまだありを行くことが好きで、ショッピングは十分に便利で、家電、腕時計、女の好きな化粧品、ここはまったくショッピングの天国を言うことができます。

前世紀に7,8年代で、日本の経済は急激な発展を得ました。いろいろな会社も林立を始めて、1881年の創立するセイコー(SEIKO)、1924年に、正式に第1匹の腕時計を出しました。1969年、セイコー、Berliget時計は世界で第1モデルのポインター式のクォーツ・ウォッチ―SEIKOASTRON35SQを出しました。

私達は知っていて、前世紀の“石英の危機”から、日本は腕時計の業界の中で1席のの人を占領しました。石英の時計、機械は表現して今のところすでに互いに対抗する関係を抜け出して、消費者は自分の趣味と需要によって選びに行きます。スイス、ドイツが表を作成しとと違い、日本人は表を作成する方面に、更に実用的な性能をえこひいきして、当然で、消費水準の全体が上がりに従って、実用的な基礎の上で、彼らも更に必ず高位の消費者の製品に適合するのを出さなければならなくて、これもセイコーが“冠の青の獅子”(GrandSeiko)の原因の中の一つを出すです。

2社の技術のぬきんでる労働者の坊はすべて全局面を左右する地位を持って、それらは最前線技術と大きい師レベルの技術を互いに結合して、それによってGrandSeikoトップクラスの品質を明らかに示す腕時計の製品を創造しました。

カテゴリー: 最新news パーマリンク