高級な表を作成する魂――ファインセラミックス

J12のの“破裂するのが赤い”に話が及んで、これは絶対に偶然ではありません。この腕時計は打ち破って壇の元からある設計の美学を表して、腕時計の時計の殻、時計の小屋が時計の鎖に着いて全て採用のファインセラミックスが製造する、腕時計中から使うファインセラミックスが殻を表すのは、小屋と時計の鎖の誕生の地便を表すG&FChatelain制表工場の中の核心――陶磁器の労働者の坊です。J12腕時計にとって、ファインセラミックスの使用はそのために魂を注ぎ込んで、シャネルのファインセラミックスのあなたの知っていたいあれらの事に関して、もしかすると次に解答が見つかることができています。

・どこに来てからファインセラミックスの最初のアイデアを使いますか?

第1モデルのJ12はシャネルのその時の芸術の総監督の賈克・海盧(JacquesHelleu)から執刀して、彼は個人はたいへん競技用の自転車と航海するスポーツを特に可愛がって、競技用の自転車のシンプルで純粋な線に夢中になって、更に心酔するアメリカカップの帆船はJ12競技ユニットの中で帆船の流線型のアウトラインを競って、最もシンプルで純粋な色にほぼ白黒を越えないように代表することができて、だから彼の設計図のモデルの時繰り返し探求した問題をかぐによって:どのように黒色を極致の気高いのに達することができますか?どのように黒色をきらめかせています尋常でない光沢ですか?どのように黒色に地味で優雅な米を現させますか?今から見に来て、これらの問題は必ずすべて解決したので、最終解答は:ファインセラミックスの製造しだした黒色。その時からで、ファインセラミックスはJ12の代名詞になった。

・ファインセラミックスの最大の長所は何ですか?

なぜファインセラミックスを選ぶのか、肯定してそれため手元(体)にほかの材質所の取って代わることができない特徴があります。このスーパーコピー時計ようなファインセラミックスがあるのが強靱だ、腐食に耐える、紫外線と温度変化に対して耐性などを備える特質、甚だしきに至ってはダイヤモンドと匹敵する硬度に達することができます。ファインセラミックスは金属の質感があって、堅固に、またきっと亮沢ニュースキンを維持して、まだかききずが発生することはでき(ありえ)ないです。その他に、つけ始めるのもももっと心地良くて、それは人体の温度を感知することができて、冬身にしみる氷のように冷たい感があることはでき(ありえ)なくて、夏皮質の腕時計のバンドに似ていて蒸し暑くて汗が出やすいことはでき(ありえ)なくて、皮膚に負担をもたらします。

・ファインセラミックスはどのように作ったのですか?

まず選んでそれによってファインセラミックスの粉末と色素の原料をベーキングで、陶磁器の色合いが達して深いのにあらん限りの力を尽くしてあるいは完璧に傷がない白が黒いをのの確保します。

第2歩は部品の上に予備成形になって物に相当してきれいに洗ったのにくっついた後にを、それをかまどに入れて暖かくて1を上回って、000°Cのかまどの中でベーキングで、溶かしてその中のテルリウムの成分に相当した後に作り直して成型します。

最後、ファインセラミックスに対して彫刻、パンチ、を行って特殊な光沢加工技術を磨き上げて採用して、それをこの上なくきらめかせて、つるつるしている質感が現れます。

・ファインセラミックスの最も難しいのを作るのは何ですか?

ファインセラミックスの誕生は総括して伝統になったのが術と新型の元素の粒子の有機的な結合を製錬することができて、だからシャネルのファインセラミックスの制作技術は主にベーキングの時様々な純化したのがくどいを除いて温度と材料の制御する困難を体現しています。

それ以外に、ファインセラミックスの摩擦に強い特性は同時にその硬度がとても高いのを意味して、どのように粉末冶金後このような高の硬度の材質に対してで処理を磨き上げるのを行うのも1本の難題です。これらの陶磁器はあくまでどんな事態に着きますか?陶磁器の媒質を磨き上げるのに用いるのはなんとおなじでかたい不規則な形のファインセラミックスとダイヤモンドの粉末です!シャネルのファインセラミックスは2道を通じて(通って)このようなが手続きを売り払った後で、やっといつまでも退いていきない光沢を与えられます。

カテゴリー: 最新news パーマリンク