1時(点)は一線1円モバードがめでたくて1881シリーズの腕時計に動きます

モバードはずっとその高で度のシンボル的だMuseum博物館の時計の文字盤を知っているのが有名なことを弁別して、“少し一筋の1が丸い”のきわめて簡単な設計を運用して現代ファッションの腕時計の新しい手本を製造しだします。 剣の形のポインターを付けてあって、12時に位置は銀色のシンボル的なのが設置されていて標記が少し丸いです。分の目盛りの輪は奇抜なのを採用して設計を印刷して、分の時にトップ所を表示してまた(まだ)銀色の長方形で付けます。

人工のサファイアのクリスタルガラス、硬度がもっと高くて、更に摩擦に強く漕ぎを防ぎます。めでたくシリーズの腕時計に動いてステンレス製を採用して39.5ミリメートル製造して殻を表します。手首が冠のヘリカルの紋様設計を説明していっそう回転が学校の時間を加減するのに都合よくて、上方が彫り刻んでモバードのクラシックマークがあります.ステンレスの時計の鎖はV字形のからくりの骨と蝴バタフライを採用して折り畳んでボタンを表します。6時に位置はカレンダーの表示ウィンドウが設置されていて、下は“AUTOMATIC”を印刷してあって自動的に鎖と“MOVADO”のモバードのブランドlogoに行きます。採用してはっきりしている設計を背負って、底の青いクリスタルガラスを表して、はっきりしていることができて自動的に鎖のチップに行って運行するのを見た時のよく動く魅力。

このシリーズは元からあるクラシックモバード設計上で更に丈夫なの活力を増やしてと、近代的に思うのが十分です。このようなシンプルな設計は今なお依然として思われて現代設計する手本です。

カテゴリー: 最新news パーマリンク