クラシックのランゲLANGE 1の全く新しい25の周年紀念の腕時計を再現します

1994年10月24日、現代ランゲの創立者のワルター・ランゲ(WalterLange)とパートナーの君の特・布と呂とLane(GラnterBlラmlein)はドレスデンの王宮で新しい時代の首4モデルの腕時計を展示して、LANGE1は正に中の一つです。LANGEは1今のところすでにランゲになって代表性のを高く備えて、時計の文字盤はえこひいき設計を採用して、大きいカレンダーはその標識の中の一つを表示します。このような設計その時に表を作成する界、筆の穂の腹を用いた書き方のだと見なして行うに、強烈な反響を引き起こします。時間の経過に従って、ランゲの尋常でない美学の風格は人々に受けられて、1世代の伝奇になりました。今年はランゲLANGE1誕生25周年で、ブランドは特に250の“25thAnniversary”の18K白色K金の限定版の腕時計を作ります。続いて私達はいっしょに鑑賞しに来ます。(腕時計の型番:191.066)

今年ちょうど周年紀念に会って、ランゲはこのため10の数モデルに新しくモデルを表すように出すでしょう、1994年の世間に現れるLANG1腕時計に向って敬意を表します。全く新しい作品はLANGE1シリーズの腕時計のシンボル的な元素を保留して、時計の文字盤設計の風格は黄金の割合と三角点に従って、えこひいきの頃皿の直径と時計の文字盤の直径の割合は1:1.618で、このような黄金分割の視覚の美感はたくさんの方面で運用します。同時にランゲLANGE1の全く新しい作品はまた(まだ)大きいカレンダーを添えて表示して、非常にあって度を知っているのを弁別します。

ランゲの全く新しいLANGE11シリーズの新型は全て18K白色K金の材質を採用して製造してなって、直径は38.5ミリメートルで、厚さは10.7ミリメートルです。腕時計はランゲのすばらしい表す殻を採用して設計を磨き上げて、アーチ形は小屋を表して技術を売り払う潤色して、殻の中間層を表してシルクを採用して磨き上げて、私達は側面から殻を表して異なる技術を通って磨き上げるのを見ることができて、段落がはっきりしている視覚効果を現します。

腕時計の片側の表す冠に位置して同様に技術を売り払って潤色を採用して、上はすばらしいブランドマークを彫り刻んで、かつ周りでスキミング防止の筋模様設計を採用して、握和調学校時間をつかみに便宜を図ります。銀白色の誠実な銀の時計の文字盤は偏心板設計で、1つの小さい時計の文字盤は頃を表示して、もう一つの個は小さい秒の皿です。ダークブルーの数字は時と表示して、青いのと期日数字は互いに引き立ちます。左上の位置は大きいカレンダーの表示ウィンドウを設けて、このは霊感を設計してドイツドレスデン森ハンカチオペラ劇場の5分のデジタル時計に生まれて、大型のカレンダーの数字がはっきりしていて読みやすいです。時計の文字盤の右側の位置は動力を設けて貯蓄して表示します。手工縫制ワニの皮バンドの装飾は縫うグレーがあって、18K白色K金のベルトバックルを配備します。

チップはランゲ時計工場を採用してL121.1型を自製して手動で鎖のチップに行って、両ぜんまいの箱を配備して、72時間の動力を提供して貯蓄することができます。チップは精致なのを通って技術を磨き上げて、ドイツの銀の製造する3/4添え板、8つのネジ固定の黄金のスリーブを処理してと手製で並べて添え板に順番に当たりを彫刻するのを経ていません。添え板に順番に当たって特に大きいカレンダーの“25”の字形を彫り刻みを並べて、25周年紀念の一大のシンボルになります。底の閉じを表して心がこもっている彫刻を経て、1873年のランゲ本部の顔とワルター・ランゲと君の特・布と呂とLaneの名前を描写するのを彫刻して、私達はさらにとてもはっきり“25YEARS LANGE1”の浮き彫りの字形を見ました。

総括します:ランゲLANGE1シリーズの腕時計は1994年の誕生の後から、重大な変化をしないで、クラシックの造型が歳月の中で長い間がたつのがni新しくて、依然として独特な魅力を配っています。上の紹介するこのLANGE1シリーズの全く新しい腕時計の造型はすばらしくて個性的で、同時にダークブルーは字の銀白色の時計の文字盤、青いのを印刷して数字は期日、ランゲ本部の図案の掲蓋細部設計を彫り刻んで、人に見るもの聞くものがすべて新鮮にならせて、印象に残ります。

カテゴリー: 最新news パーマリンク