私達はGrandSeikoを世界のトップクラスの腕時計に作ります

1960年、セイコー所属の独立のブランドGS(GrandSeiko冠の青の獅子)はひっそりと発表されます。GrandSeiko開発する初めから今日に至って、”理想的だ”腕時計のこの理念を作るのはずっとGrandSeiko不変が動力をしっかりと守るのとです。精密で正確な度でであろうと、長持ちする度、それとも、外観の上で、すべて世界をリードしなければなりません。中国の仕事に位置するととして生活して20年のの“中国通”を上回って、吉村などの先生は中国市場の発展と変化についてよく知っているのと言えます。当日、こちらは将来の見通しを高く備えてと力の優秀な管理者を見通して私達にGrandSeiko未来の数年中国市場の上の大大的行動を漏らしました。

私達はセイコーがすでに持って百年の歴史と文化の沈積を上回ったのを知っていて、もっと多い消費者が熟知するのセイコーでGS(GrandSeiko冠の青の獅子)ではなくて、セイコーはどうしてGSを単独で1つの新しいブランドになりに出てきて、これはどんなのが考慮するのからですか?
吉村などの先生:はい、セイコーはすでに百年の歴史を上回りがあって、かつ最も実用的な腕時計をするのに力を尽くします。みんなはすべてセイコーの石英の時計が、その上価格の親民がとてもすごいのを知っています。しかしこれはセイコーにただ中低価格の腕時計だけを生産するように決して代表しありません。GrandSeikoの誕生、一方ではその時の国外の時計ため日本にどっと入りを始めて、日本の本土の時計業に対して巨大な衝撃をもたらしました。日本の時計のブランドの代表として、セイコーは自然と1歩先を争って日本国内市場を占めなければなりません。一方、GrandSeikoのブランドの位置付けは高級の時計のブランドで、私達の目標はGrandSeikoを世界で最も牛の腕時計に製造するので、100年、200年、私達はずっとこの目標のために奮闘し続けます。

去年10月にセイコーは北京で“GrandSeiko冠の青の獅子GS9CLUB中国クラブ”の開幕式を開催して、会員制、会員のクラブはGrandSeiko冠の青の獅子にとってどんな意味がありますか?
吉村などの先生:私達はたいへん中国の消費者を重視します。日本で、GS9CLUBの入会する条件は:GrandSeikoがあって、かつ日本に住みます。しかし多くの中国の消費者は日本がGrandSeikoを買った後で中国に帰って、彼らは享受して日本の消費者のおなじなアフターサービスに着くことができませんと。そのため、私達は中国でGS9CLUB中国クラブを創立して、中国の消費者におなじなサービスまで(に)享受させるため。GS9CLUB中国クラブの入会する条件は:GrandSeikoがあって、かつ中国に住んで、あなたの国籍はどこなのにも関わらず、もし中国に住むこのサービスまで(に)享受することができます。

セイコーの企業文化の中に1条とても有名なの理念がありますの――“永遠に1歩時代をリードする”、中国市場に広く開拓する時GrandSeikoはどのようにこの理念を実行したのですか?
吉村などの先生:主に2つの方面に分けて、まず生産の方面です。私達はして時代技術の製品でリードして、GrandSeikoの時計のモデルの中で機械の腕時計と石英の時計以外、1種類の採用SpringDriveチップもある。このチップがつぶす時20数年はやっと研究し始めて出して、セイコーしかなくて生産することができます。それは機械の上で鎖を通じて(通って)運動エネルギーを増加して、石英の晶振を採用して、このように電池を替える問題を免れて、きわめて高い精密で正確な度をも実現しました。販売の方面で、私達はGrandSeikoの消費者の立場を持って考慮に立って、価格、サービス、が売った後にすべて中日の同価格をやり遂げます。私達は販売店に売らないで、価格に訴えることができます。中国で設置されていて専門的にGrandSeiko高級な腕時計の時計の先生を補修して、だから消費者のアフターサービスを保証しに来ます。

絶えずそれぞれ大きいニュース商、すべてのルートに進駐するのが消費者を覆うセイコーの一大の優位です。しかし同時に、ネットワークのニュース商が“売った後に”この方面で実体の商店に比べて言うのはもっと薄弱で、この方面でブランドはどのように整っていたですか?
吉村などの先生:私達のアフターサービスはオンライン線の下区別しないので、セイコーがまだGrandSeikoなのにも関わらず、私達はすべてメンテナンス駅を特約するのがあります。このようにだけではない、私達のメンテナンス駅は“大衆の評論ネット”上検索が着いていることができて、一人一人の消費者は“大衆の評論ネット”上採点にサービスするのを行っていることができて、私達が“大衆の評論ネット”の評価によって行うのは審査を評価して、好評数の上位3人での時計師は日本を招請させられて、セイコー本部のメンテナンス師と交流します。私達は全く透明化して、勇敢に消費者に直面して、民衆が店主ためです。

私達はすべてあなたが1人の“中国通”を知っていて、中国の生活の仕事ですでに20年日本の腕時計の消費者がありとと違い、中国を上回りましたか?異なる消費環境と消費について慣れて、ブランドはどのように受け答えしたのですか?
吉村などの先生:実は中日の消費者の違いが大きくありません。中国は日本のもっと先進的な場所に比べて、中国で今すでに人が現金を使って支払ったのはめったになくて、ふだんの注目するところもすべて更にネットワークのプラットフォームをえこひいきします。これは私達が関心を持って重視したのが必要なのです。中国市場の変化はとても速くて、そのため私は日本本部の販売の理念で区別して、中国市場のが変化していくに対して調整します。

もしもセイコーの中国区理事長の身分でではなくて、1人の普通な消費者の身分で話しに行くので、1枚の腕時計はあなたにとってどんな意味がありますか?
吉村などの先生:腕時計は男にとって装飾なだけではなくて、付き添うです。表すことが好きな人はひっきりなしにすこし買って買って、各種のデザインの腕時計を収集します。私もこのようなで、私は私の参加したイベントと場所によって私が今日どの1のブロックリストをつけるかを決定しに来て、季節の変化の私にあげる腕時計によって異なる材質の腕時計のバンドにも交替します。私はこれらがすべてとてもおもしろいと感じます。

GrandSeikoの中国での発展について、あなたは期待がなにかありますか?近い内のの“小さい目標”を制定しましたかどうか?
吉村などの先生:私達の現在のところはやはり(それとも)主なはGrandSeikoをおします。近頃今年GS9CLUB中国クラブのイベントを催して、時までGrandSeikoの表す友達達を持っていっしょに遊びに来を招待します。9月に私達はGrandSeikoのアジアの代弁者を公表して、1人のとても有名な日本のスターです。来年の動作ももとても大きくて、2020年は東京のオリンピックなだけではなくて、GrandSeikoの60周年です。私達はまたいくつかの新しいチップに出てくるように出して、更に精密で正確で更に高級です。このようにだけではない、GrandSeikoの中国は制限して腕時計も出して、中国しかなくて、とても値打ちがある期待を買うことができます。

総括します:セイコーはずっと自主的に研究開発を重視して、ブランドの発展について、品質と誠実と信用の高は利潤を過ぎます。セイコーがまだGrandSeikoなのにも関わらず、それらはシンプルであっさりして上品なデザインで人を魅惑する日本の味が現れて、高級で巧みで完璧な表を作成する技術を通じて(通って)時計界で揺り動かしてはいけない地位を持っています。私達は信じて、GrandSeikoはそれに頼っていて絶えず改善して、絶えず革新する表を作成する態度、きっと全く新しい時代で更に光り輝く未来を迎えます。

カテゴリー: 最新news パーマリンク