時間之車輪アテネは《マネージャーの自由な車輪陀はずみ車の腕時計》を表します

UlysseNardinアテネは今までのところ最も人目を引く革新のを表して行って、徹底的に表を作成する技術を転覆して、チップはサファイアのクリスタルガラスの下で宇宙の幻の境地の類の思うままに危ないのに似通って動きます。

アテネは《マネージャーの自由な車輪陀はずみ車の腕時計》を表して派手なバラの金あるいはプラチナを採用して、続いて月研究開発してなる新しく反対の重力の類のチップと星明かりの光り輝く丸天井のサファイアを数えるのを配備して、世間の人の現代表を作成する技術と技術に対する期待をはるかに超えます。

アテネが《マネージャーの自由な車輪陀はずみ車の腕時計》18Kバラの金の時計の文字盤の直径を表すのは44ミリメートルで、石盤石のから彫刻してなって、18Kプラチナのモデルは流行する黒色のハチの巣のグリッドを採用しました。

腕時計の最も驚異的な特徴は時計の文字盤の陀はずみ車の板橋が4時の位置の7日の動力に位置するのと貯蓄して表示にあって、旋回するビアオの類の造型彷はもし浮遊状態は空中にあります。時計の針、分針は華麗な歯車システムなどのその他のモジュールともこのように。

これらはまるで“飛行”のモジュールだをその中のサファイアのガラスに覆って鏡を表す別の一つの並外れている設計です。その複雑で精致な効果、特に鏡の角度のを表して磨き上げて、ただ長くてつらい実験をしばしば経験してようやく成し遂げることができます。背を表して同様にサファイアのガラスを採用して、ただこのつは内部を透視することはできなくて、すべての精致なモジュールは時計の文字盤でただわかるだけ、これは徹底的に表を作成する伝統を転覆しました。

全く新しいUN―176の機械的なチップはアテネのエピトープからスイスの拉紹徳と閉じる制表工場で単独で開発してなって、装飾を搭載して錨の形の表す飛行陀はずみ車を表すアテネがあって、そしてシンボル的な摩擦係数のわりに低いケイ素の材質を採用して、非金属あるいは合成ルビー、このは一つが伝統のスイスのてこ式に取って代わって捕らえてシステムの前衛技術を跳躍するです。

アテネは《マネージャーの自由な車輪陀はずみ車の腕時計》の腕時計のバンドを表して炭素繊維の霧面ワニの皮革から製造して、質感はきわめて柔軟です。

その他のアテネと異なって陀はずみ車の腕時計を表で、この《マネージャーの自由な車輪陀はずみ車の腕時計》は決して制限して発売するのではなくて、正式の現物として発売するのです。はなやかな外観と並外れている技術、きっと最前線技術の美学と家を鑑賞する運命のになって選びます。

カテゴリー: 最新news パーマリンク