機械は定期の吸収油、適当でない1つの事を表します

機械が表すのは保養するひとつのとても深い学問で、機械が保存を表すのが適切でと言ったのは“家伝の宝物”が伝承するのとして、しかしどのようにようやく“適切だ”だと言えることができて、もしも吸収油さえ知らないで、それならあなたが機械に対して保養を表して知っているあまり深くないと説明します。

1モデルの機械に保養して表して、別に動力だけが必要で不足してそれにぜんまいをつけなくて、ふだんできるだけそれを譲らないで少しぶつかって、2―5年ごとにチップに一回の吸収油の仕事を行います。“吸収油”は腕時計のチップのお手入に対して潤滑油の略称でと付けます、腕時計の修理の中の一つのとても重要な仕事です。腕時計の吸収油の目的は部品の清潔なののと部品の必要が潤滑にするのを維持するのために、それによって腕時計の部品の精度を保証して、腕時計の実用寿命を延長します。

機械式ウォッチはぜんまいのからたくさんの入り組んだギヤ伝動に駆動して運行して幸運にに来たので、金属の長い時間は接触して慣らし運転して、歯車のベアリングの間の安定運転を保障するのが必要で、必ず潤滑油に着きます。潤滑油は時間の変化干上がって変質に従って、金属の摩擦が磨損が発生して甚だしきに至っては油かすがチップ金属の部品に対して損害をもたらします。歯車の相互をさらに加えて摩擦していくつか金属の細いくずが発生して、回転抵抗を増加して、ほこり、繊維などは絶え間ないで殻すきま所を表すから侵入して、機械の積もった垢になります。だから腕時計は使用は必ず周期だ後で、はずして悪がしこい心の部品を設置しなければならないとをきれいに洗いを行って潤滑油を付けます。

腕時計の吸収油の過程は見たところ容易で、しかし実は気づく場所の非常が多くて、まずすべての部品、機械の板、宝石が必ず清潔かどうかを確認しなければなりません。残るあかは確かに必ず一掃しなければならなくて、そうでなければ吸収油を譲った後の効果は大きく割引をします。時計の部品の使った油(脂)は必ず専用の石油製品でなければならなくて、その上すべての部品上の石油製品はすべて異なって、動力系統はもし必ず少し粘る油(脂)(8300油(脂))を使わなければならない、歯車システムは比較的まばらな油(脂)(8000油(脂))を使って、システムを捕らえてたとえ更に必ず専用の油(脂)(9010/2油(脂))を使わのでもなければならなくて、一体1油(脂)をぜひ避けねばならないで、そうでなければチップに対してひどいののが傷つけるのをもたらします。

吸収油の仕事が完成する後で、改めて点滴の新しい油(脂)は全てで潤滑油の場所の油(脂)を注文する仕事もたいへん師の仕事の態度を補修するのを試すなことが必要で、これもとりわけ重要な一環です。各類の油(脂)のペンも油(脂)時不可欠な道具、通常は1組4本で、緑色は8200を適用できて、青いはの9010/2を適用できて、赤色は8000を適用できて、黄色は8300を適用できて、注意するのは油(脂)ごとにすべてその専用の油(脂)のペンがあるので、使う時その他をなすことなく過ごしてはいけなくて、そうでなければ油(脂)は変質します劣る化。

これらのチップの吸収油が装備して今万能なある宝の上ですべてワンストップが買うのが整然としていることができて、しかし腕時計は精密機械で、友達達を表して自ら着手するのを提案しないで、着手する楽しみために1匹の腕時計を壊して値しないことができました。盲目的にお手入を補修する素質の時計がないをのも探さないでください、必ず正規の専門の時計を探して売らなければならなかった後に店鋪、綿密に心から愛している腕時計を加護します。

カテゴリー: 最新news パーマリンク