高級の時計が竣工する前の最後1歩、腕時計の精密加工

よく聞く人がいて、精密加工の部品は米を除いて、どんな実際の用途がまだありますか?もちろんあります――たとえば金属に上塗りに電気めっきをしをあげて、殻の材料を表して腐食に受取るのを免除しを保護することができます;ジュネーブの縞模様設計は時には部品の表層のほこりのの“落とし穴”を追い払いを助けるのと称させられます;伝統の鋼のねじは工程を加熱してねじの色ダークブルー(いわゆる藍鋼のねじが)になることができて、同時にそれら硬くなります……要するに、チップの精密加工が精密な仕事を展示して状況の著しい標識を完成するのなだけではないのに対して、時計技術の整っている保証です。

でも、これらの用途は近代的な機械の科学技術の発展に従って、とても有限になって、たとえば精度のを組み立てて高まって、ほこりに大いに減らさせます;新しい材質の応用、同じく金属に腐食させられた機会がほこり中に低いです。しかし私は、女の数(何)百元に似ていて爪をして、爪を保護するのためにですか???と依然として言います、男は多く数万使って時計を買って、明らかに同じく腕時計を譲りために更に丈夫なだけではありません。高級の表を作成する高級のため、精密な部品の細部に対して極致の手工芸の美学まで(に)極まりなくての、積み重ねるのにあります。

手作業の面取り

チップの面取りはその形成の1つの45°角表面と側面の間の周辺、を取り除くのそして、です。面取りの効果は美しい以外、腐食を防止するのと更に残りのばらばらなくずを一掃することができます。悪がしこい心の小さい部品の面取りに対して腕時計の中の最も複雑な修飾の技術の中の一つで、この工程たいへんつぶす時、その上師を磨き上げて極致の根気良くて巧みで完璧な手の仕事がなくてはなりません。職人は先に側面のへりを下を向いておさえて、それから売り払いを行って磨き上げて、ぴかぴか光る外観を形成します。面取りの表面は必ず整然とつるつるしていなければならなくて、幅が均等で、へりは互いに平行します。近代化する機械はもう生産してはっきりしていて平らで滑らかな面取りを経ることができるようになって改善する、、このような面取りは工業化の大きいスケール生産に用いることができて、旋盤を使って手製で部品と道具を導いて、斜面宿題を改善する。

黒色は磨き上げます

1つの時計の部品が極致が磨き上げた後にに時に、部品の表面は異常がなめらかできれいなことができて、この部品を直視する時、黒色を見ることしかできませんでした。これは光線ため全く反射させられて、部品はただ黒くて、白い2の色だけが現れます。正面見る時、全く黒色ので、だから“BlackPolish”と称させられます。これは最もトップクラスの腕時計の製作の中でようやく現れることができるのが効果を磨き上げているので、この工程がたいへんつぶす時のためです。例を挙げて言って、もしも1つの何ミリメートルの陀はずみ車の芯の橋のてっぺんに対して売り払いを行って磨き上げて、甚だしきに至っては恐らく3時間使ってこの1本の工程を完成しに来ます。

ジュネーブの縞模様

ジュネーブの紋様、またジュネーブの波紋あるいはジュネーブの縞模様を語って、チップロジウムメッキ処理前で、所外の現した板と橋板を同心の円形あるいは平行する波紋に彫刻して飾るしわのためします。それは最も伝統の装飾のタイプで、しわの形式は主に線形の波紋に分けて、環状の波紋と放射性の波紋など、通常例えば主な添え板に応用してと陀などの部品を並べます。腕時計の装飾の模様は日があるNevaの波紋以外、紋様を切削しておよびロープ形の模様などをねじるうろこの紋様、朝日の紋様、規則正しいのがもあります。

手作りは彫刻します

彫刻して通常ブランドの標識あるいは情報が現れるのに用いて、主にブランドの自身のチップからし始めたのです。彫刻はまた(まだ)装飾と個性化の腕時計の中の部品に用いることができて、それ独特性と芸術性があります。彫刻はひとつの減法をする芸術で、手を滑らす代価は恐らくきわめて高価です。1人の合格の彫刻師はよく臼が10年の技と力を訓練するのが必要で、熟練していようやく浮き彫りとへこんでいるワシの2種類の基本的な剣術を掌握することができて、熟練している振る舞いの彫りは、および、金がまた彫って形式を彫刻するのを彫刻することができます。各ブランドは自身によって位置を測定して、設置を選んで自分があるいは労働者の坊が師が協力するのを彫刻するのを探しを彫刻して、各類のテーマと風格すべて非常にすばらしい傑出している作品を作ってきた、たとえばブランパンの“ポルノの3が聞く”、盛んな刺し縫いする海の生まれ年の図案はバセロン・コンスタンチンの“マスク”のシリーズの時計の文字盤を彫刻しますおよび。

入念にねじに着きます

すぐ最小の部品、たとえばねじ、精密な修飾を経なければならなくてチップの効果を美化するのを実現しに来ます。ねじは光沢加工に光度を増加する。それらがまた(まだ)制をあぶって達することを通って青い色合いを出しが現れて、表を作成するの時使う伝統の装飾物です。(今多くの中・低価格腕時計の上“藍鋼のねじ”を越えないで、直接電気めっきをして色を塗ったので、これで本意からそれました)

カテゴリー: 最新news パーマリンク