バセロン・コンスタンチンOverseasが全国各地のシリーズの世界に縦横に走る時腕時計

しかし、24の標準時区は時には本当に足りません。常規の24の標準時区を除いてため、地球の上にいくつか国家あるいは地区の採用したのがまだいるのは1時間整えて標準時区をつくるのではなくて、速度の15分あるいは、30分のほかがあります。ネパールの時間中国より2時間遅い15分、アフガニスタンの時間中国より3時間遅い30分、イランの時間中国より4時間遅い30分に似ています……そのためある世界の時に腕時計はこれらの速度の15分あるいは、30分の異なる標準時区を含んで入っていきます。

バセロン・コンスタンチン(VacheronConstantin)は2011年出す世界の時に腕時計で全世界の37の標準時区を表示することができて、その上時計の文字盤の中央の北半球の地図に位置して同様に昼夜の深さの異なる色を表示することができます。この2つの技術はずっとブランドの世界の時の標準的な配置で、最新のデザインはOverseasが全国各地のシリーズに縦横に走るです。2016年に改めて演繹したのは全国各地のシリーズに縦横に走っていっそう旅行精神を強調して、全体設計が更にレジャーで優雅なのはと堅固で実用的で、自分でまた(まだ)腕時計のバンドと時計の鎖を替えることができます。

1つの面白い場所があって、十分にとしてパテック・フィリップと対等にふるまうブランド、バセロン・コンスタンチンの世界の時の設計の上でパテック・フィリップと反対していて来たのです。例えパテック・フィリップの現地の都市の設定は12時に位置を測定するの位置で、バセロン・コンスタンチンは6時に位置を設定します。パテック・フィリップの24時間の輪は反時計方向が回したので、バセロン・コンスタンチンは時計方向回転です。

また(まだ)特に気づかせて、これらの15分あるいは、30分の標準時区は固定的ではなくてではなくて、地理的な政治の変化に従って、ある国家あるいは地区は自分の標準時区を変更して設定します。最も著しい例、去年5月に朝鮮半島の緊張する情勢は鈍化して、朝鮮が自分の30分の標準時区を韓国に調整して帰るのがと整える一致します。

カテゴリー: 最新news パーマリンク