パテック・フィリップSkyMoonTourbillon星の月陀はずみ車

陀はずみ車は全身で12の大きくて複雑な機能に集まります

Ref.6002G天文陀はずみ車の腕時計パテック・フィリップのために2013年に出したヘビー級の作品。Ref.6002の表す殻は全部の塊の白いK金の原料で、手作業で使って百時間の彫刻の労働時間を上回って、小さいアーチ形の表す殻、Calatrava十字の星、つるの藤の模様ときめ細かいシェードに付いているのをして、精致な仕事は最高峰と感嘆するため人の歎をさせます。顔立ちの上から見ることができる時、分けて、逆らう期日、月相と万年曆情報を跳ぶを除いて、この腕時計がまた(まだ)3備えて時間を知らせて、陀はずみ車、恒星の時間が北半球の天体、月相と12の大きくて複雑な機能を表示するのを聞きます。

陀はずみ車の正面は背面とそれぞれすばらしい場所があります

細かくて薄い金の質の円盤の製造する顔立ちで、同時に使う内にエナメルと針金をつけるエナメルの2種類の技術を埋めます。軌道式の目盛り、万年曆ウィンドウズは顔立ちの中央と全て採の内でエナメルの技術の製を埋めて行って、先に陽で方法を刻んで立体の字グロックを彫りだして、また溶解するでしょうエナメルの上薬の細い緻は浮き彫りの外のくぼんでいる部位を埋めて平らにして、850度以上の高温を通って反対にかまどにひっくり返って燃やして、明るく美しい色を成し遂げます;顔立ちの中央の花は針金をつけるエナメルの技術を使って、非常に細い金糸が図案のアウトラインを描き出した後にで、またペンを使ってこすって深さの独特のおもしろみがある色調を描いて、そして同様にかまどの高温に入って製を燃やして色を決めます。月相皿は白、ほこり、黒色のエナメルだんだん層の処理を運用したのとなると、写意のまたロマンチックな優雅な色合いが現れます。それ以外に、位置の時計に位置して4時に浮き彫りの矢じりを付け加えて回転する方向を指示して、2時位置の表すのは冠の上に月と無数の星があって、学校の背面の顔立ちの上の恒星の時と大空が表示するのを加減するのに用います。背を表すのはまた別の一面のすばらしい天地で、夜空サファイアの水晶の鏡映面の下で回しを見ることができて、南/北半球の頭をもたげる見るところの星空持ち出します。

陀はずみ車の時間を知らせるよく響く楽音

この3は時間を知らせる軽快でよく響くベルの音を聞いて、ブランドとローザンヌの連邦理工学院のいっしょに開発する特許の特殊な合金を運用するので、普通の音のリードまた(まだ)長さの2倍の教会堂の音のリードに比べて2本を運用して、チップの2周に巻き付いて音のはっきりしていて純粋な淨を確保して、音色をますます高く低く流れさせます。精密に必ず動く陀はずみ車を行って顔立ちの下で身を隠して、顔立ちの上で6時(点)位置の月相皿の内でただTOURBILLON字形だけを放ちます。「この時計は私はここ2年の時間をつけて、幸運だのはずっととても精密で正確です。」

カテゴリー: 最新news パーマリンク