Grossmann第一モデルの四角形の腕時計

表を作成する大家MoritzGrossmann、1826年生まれるのはドイツドレスデンで、ランゲのブランドと人身所の同一の時代を創始するので、ドイツの時計の発展についてとても大きい効果があって、“格拉蘇蒂の4人の君子”だと誉められます。2008年、時計師兼マネージャーChristine Hutterは資本家側、家族の支持下で“Moritz Grossmann”のこの時計のブランドを復興しました。

最近、Grossmannは日本販売店のが下へ推進するにブランド所属の第一モデルの四角形の腕時計Corner Stoneを発表するのを宣言します。モデルが霊感を設計して生まれて30年代のドイツ表しを表して、四角形によく合うために殻を表して、ブランドは特に1モデルの全く新しい四角形のチップを開発して、そしてドイツ式の風格と技術によって精密な処理を行います。ドイツの銀の材質、4分の3添え板、彫りは添え板、鋼に順番に当たって重層日に順番に当たって紋様に光り輝いて、黄金のスリーブを磨き上げるのを並べます……巨大なぜんまいの箱は60時間の動力を提供して時間を貯蓄することができます。

殻の長い46.6ミリメートルを表す、幅の29.5ミリメートル、厚い9.76ミリメートルだけ。普通は版がバラの金、プラチナを提供して殻を表しを量産して、漆面、売価約人民元の19万によく合います。その他に更に超過エナメルの時計の文字盤バージョンがあって、制限する合計の50、売価約人民元の22万。

カテゴリー: 最新news パーマリンク