ロレックスの“熱帯面”の復古は表します

Tropical Dial,また“熱帯面”と言って、を紫外線照射のため変色する時計の文字盤を招くので、熱帯地区の紫外線が強烈に更に発生しやすいため、熱帯面といわれます。普通は言うのが主に黒色の時計の文字盤が変化して糖蜜になるの色、茶褐色です。

スイス改装するブランド家Artisans de Genève基づきますロレックス現代モデル導く通す持つ改装してきた骨董表Ref.6240風格の作品。陶磁器の外側のコースをプラスチックに替えて、防水を取り除いてに鍵をかけて、最も異なる場所は時計の文字盤にあります。AdGが使って数年の時間が“熱帯面”の塗料を調整しだして、1枚の復古腕時計はすべてバハマに送られて、そこで焼けるように熱い日光のを受けて照射して、原本の黒色の時計の文字盤を脱皮して糖蜜の色、茶褐色にならせます。その他がもう1度ブランドを刻むようにではなくて、直接印刷してなります。

これ本当に“熱帯面”の復古のモデル、15制限して、約人民元の24万を発売します。

カテゴリー: 最新news パーマリンク