どうしてそれは“重々しい”ができますこのようにですか?

これが1枚が“手製で表を作成する”の作品を淘汰するのを紀念するのに用いるのためです。

時計ブランドロンジンは1832年のアガシ(Agassiz)のスイスで創立した時計の小さい商店にさかのぼることができます。その時に、このような商店はあまねく“etablissage”の表を作成するモデルを採用して、すぐ農民牧畜民に自分の家で腕時計を生産させます。アガシ(Agassiz)は本人はこれらの製品を集中しいっしょに販売するのを担当します。

“etablissage”の表を作成するモデルはたくさん友達の支持した厳格な意味の“伝統が表を作成する”を表すにです。大雪の山道が閉ざされる冬で、“表を作成する師”は家での中でよけて、やすり、線でほんの少しを切って手製でチップをします。

しかし実際には、このようなは手製で聞いて見るととても“気持ち”と“職人精神”がある以外表を作成して、実際には出てくる製品は優秀ではない。手製でやすりをかけてくる未(半)加工品のチップのサイズは全く異なって、組み立てるだけではない時2回の調整が必要で、その上後期にかえて使うことはできないをの補修して、これは時計の発展に極めて大きい抵抗力を持ってきました。

1854年、アガシ(Agassiz)の甥ErnestFrancillonはこの家族企業の管理の権力を得ました。彼の指導(者)でおりて、もとの時計の商店は重要な変化が発生しました。それが1867年に初を創立したのは全部の時計の必要を製造する技術に集まる一体の総合性工場で、そして正式に“longines”と名を付けます。ここで、伝統の手作業は表を作成して淘汰させられて、取って代わるの標準化の工業生産です。

この年にあって、ロンジンもブランドの第1モデルの全く自分で作るチップの20Aを出しました。

私達の中国人、1件の重大な事を紀念して、よく50、100のこのような整数の年で選びます。外国人は更に25の倍数で凝って、たとえばパテック・フィリップは175周年、ランゲの1は25周年発売します…..

1992年にちょうどロンジンのブランド正式に創立125周年に会って、このような重大な時間に直面して、たとえロンジンはグループに位置を測定させられて格下げしますとしても、しかしも盛大で厳かな紀念を行いました。この重々しいロンジンの懐中時計は当時の産物で、1000制限して発売します。

20Aはブランドの第1モデルの全く自分で作るチップなだけではなくて、その上後れている手作業の表を作成したのが終わりを宣告して、だからロンジンは特に再制作の当時のこの懐中時計を選びます。残念ながら125年しばしば経験して、当時の原版のチップはすでに探したにくいです。大多数のブランドはこのような情況に出会って、採用する方法は外形がもう1度刻んで、チップは近代的なチップを利用して改装して、さすがにこのように更にコストを節約します。

ロンジンは“破天荒だ”は骨董の20Aチップに基づいて単独で改めてCal.を開発しました840チップ、125年前の原版設計と加工をそのまま用いて配置します。ロンジン政府の歴史の書類によって表示して、いっそう正確にもう1度20Aチップ、Cal.を刻むため840の開発計画は少なくとも1990年に行いました。

“手製で表を作成する”のこの概念について、苛酷に言って“設計、部品が組み立てを生産すると”を含みます。時計は精密な機械の時間単位の計算の器具として、幸運なために精密で正確で、必ずえこひいきして工業の標準化で生産するでしょう。表を作成する史の発展もこの点を証明しました。

15世紀末から1850年まで、表を作成するのは苛酷な意味の上の伝統の手作業です。

1850年~1990年、機械は標準化の部品を生産して伝統を手製で次第に取って代わります。

前世紀90年代から、コンピュータとデジタル制御装置の発展は更に極めて大きく機械を促進して自動的に生産して、甚だしきに至っては部分設計さえコンピュータを通じて(通って)実現を計算します。多くの時計のブランドは自分の製品まで(に)“手製で製作”を宣伝して、実はただ後期簡単な加工と組み立てだけもです。なくてたくさん友達の想像の中の表を作成する職人の心血を注ぐシーンを表します。

2013年、SwatchグループはSistem51を出しを宣言して、更に表を作成して業界新しい高さに推し進めるでしょう。この腕時計だけではない中隊の部品の生産、甚だしきに至っては組み立て、精度の調子の学校さえ工業自動化を実現しました。

“手製で表を作成する”≠は良い時計を作りだすことができて、無数な歴史は証明して、機械の標準化は生産してかえってもっと多くて、もっと良い製品を持ってくることができます。

150年前にでロンジンの淘汰する“手製で表を作成する”に、現代まで着いて、ただ1“ご参考までに”の広告の語だけです。きわめて得難い人(物)のが個別にモデルを表すを除いて、とっくに存在しません。

去年シンガポールの時計のメディアSJX取材を受ける時赤い単独での表を作成する人RexhepRexhepiに破裂して、彼の1つの小さい目標を漏らして、それはつまり努力して表を作成して、それから1台のデジタル制御装置を買います……

カテゴリー: 最新news パーマリンク