自然とたとえNatural Escapementでもを捕らえます

自然と捕らえるのがたとえ設置するのでも最初ブレゲの大家から1789年に発明したので、その特徴は捕らえてたとえ潤滑油の甘い夢を必要としないのでもを実現するのです。自然と捕らえてたとえ2つの雁木車と2つのお互いにかみ合わすラチェットを持つのでも、1つの動力の出所だけを必要として、たとえついてコントロールの雁木車左右捕らえたり,跳躍したりするのでもを捕らえて、2つの雁木車は直接衝撃して小皿の上の2つの衝撃の石にたぎって、両側の雁木車はお互いにそのためつり合わせるの自由に順番に当たって設けて制限して揺れ動きがないをの並べることができるのを牽制して、振り子が揺すぶりすぎるのを心配する必要はありません。しかし製造工程がもっと繁雑なため、しかも効果彰でない、最終はブレゲの大家にどうしても捨てなければなりません。

単独で表を作成する師LaurentFerrierは自然とを捕らえるのを原型にして、近代的な版の自然を設計してを捕らえて、部品の重さLaurentFerrierを下げるためにケイ素の材質の製作で捕らえてばつを跳躍するのを選んで、しかもLIGA技術を利用して2つの超薄のニッケル合金の雁木車を作りだして、彼はブレゲの大家の最初設計の雁木車をラチェットの同軸のの雁木車チームと直接組み込んで爪に衝撃するのに改良して雁木車になって、全体の重さを捕らえるのまた軽減して解決する自然と慣性の問題を捕らえて、最後に自然とを捕らえるの実現できます。LaurentFerrierの自然は長所を捕らえてたとえその駆動効率の優秀で低い誤差にあるのでも、同時にまた高い安全性と再スタート性に両方に配慮を加えます。

F.P.Journeは自然とを捕らえるのを原型にして、設計して高がある安全性再スタートの高性能の両軸とを捕らえるのを改良して、特に大幅に中間のを改良して捕らえてたとえ構造をつくのでも。アテネもかなりもっと前に改良を投じて自然とブランドを捕らえるで、直接衝撃する双方向にを捕らえるように出したことがあってことがあって、しかる後改良してしかもケイ素の材質の特性を利用するのを通って、研究開発はアテネの双方向を造り出して捕らえて設計を跳躍します。

カテゴリー: 最新news パーマリンク