ブライトリングとチュードルは互いにチップを使います

Swatchグループを受けて対外ETAチップの影響を供給して、多くのブランドはすべて自主的にする配置のチップを研究開発するのを始めて、ブライトリングとチュードルも例外でありません。

ブライトリングは2009年にB01の自分で作る時間単位の計算のチップを出して、動力は70時間貯蓄して、直径の30mm、厚さの7.2mm、えこひいきのねじは微調整して設置して、奮い立って28800回/毎時間、3本の腕の環状しきりに車輪と平らな空中に垂れる糸、ルビー数の47粒を並べます。

チュードル2015年出す自分で作るチップMT5621、動力の貯蔵70時間、自動的に双方向上で鎖、COSC天文台の認証、早く一瞬カレンダーを跳びを加減する、1秒の機能、ねじを止めて微調整する、ケイ素の空中に垂れる糸、奮い立つしきりに28800回/毎時間、直径の31.8mm、厚い6.5のmm、26ドリル。

自動時間単位の計算のチップの研究開発の難度がはるかに普通な大の3針のチップより高いため、更にまして自分で作るチップも絶対に1つの良いチップなのはなおさらで、そこで2社のウィン・ウィン・パートナーシップ、互いにチップを使いました。

ブライトリングがチュードルのチップをもらった後に、原始でないチップの簡単な複製品、チュードルの特有なのが潤色する以外、ブライトリングはまた(まだ)サイクルコンピュータを累計するのに対して改良を行って、そしてケイ素の空中に垂れる糸を採用して、調速装置を改善しました。

その組み立ての新作の42mmと46mmスーパー海洋の文化の2世代のシリーズの腕時計でB20チップ(チュードルMT5612チップのが体に変わる)、を取り入れますそして。

ブライトリングB01チップの一大の短い板は伝統の速度の針を採用して調節するので、チュードルが新しいチップをもらった後に、入れ替えはケイ素の空中に垂れる糸に行ってないのと度のねじを押さえて微調整します。

MT5813チップ(ブライトリングB01時間単位の計算のチップのが体に変わる)COSCスイス精密時計テストセンターの認証を経て、双方向を通じて(通って)陀上弦を並べて、提供して動力備蓄物に70時間続くことができます。

カテゴリー: 最新news パーマリンク