全面的に全く新しいグリニッジ型II腕時計(GMT Master II)の世界をアップグレードする時

ロレックスは1955年に第1モデルの父の世代にモデルを表すように出しました――グリニッジ型、赤い青いのを採用して小屋を表して、これはグリニッジ型の最もすばらしい造型です。私達の言ったグリニッジ型IIはロレックスが1982年に出したので、新作のチップを採用して、標準時区の時計の針に単独で学校を加減することができます。今年バーゼルの時計展の上の新生児のグリニッジ型II“百事の小屋”、その大先輩達と比較して、違うところは精密な鋼が殻と赤い青のバイカラーの陶磁器の閉じ込める組合せを表しにあって、公価格も前プラチナに比べてモデルを表してたくさんに下がりました。

今回の全く新しいグリニッジ型II腕時計の主要なハイライトは“5玉の鎖”と全く新しいチップにあります。

なぜ“5玉の鎖”の設計を採用したのか、前とカキ式の時計の鎖のプラチナバージョンために区分します。新作の腕時計のカキ式が殻のアウトサイドを表すのはと耳を表す改めて設計を通るので、だから新作バージョンは“5玉の鎖”を採用してよく合うことしかできません。その他に1つのハイライトは新型がモデルを表してロレックスの新世代の3285チップを搭載したので、新型のチップは動力を上1世代の3186の48時間から一気に上がって70時間まで着きました。

総じて言えば、ロレックスの新作の全く新しいグリニッジ型II腕時計(GMT Master II)は精密な鋼の材質に変更して使用するため、公価格が前のプラチナのモデルに比べて要するのは少し低いです。この全く新しい時計算する公価格の7万余りだが、しかしいつの間にかの中で価格もとっくに公の価格を上回りました。

カテゴリー: 最新news パーマリンク