バーゼル国際時計展の霊感のきらめく手首の上で建てて天然自然の物より勝ります

春が来る時、“全世界の第1時計展”のバーゼル国際時計と真珠や宝石展覧会(BASELWORLD)だと誉められてここにあってするでしょう、2000近くのトップクラスの展示に参加するブランド、3000ぐらいのメディアはおよび10万人の全世界の各地からの現場の見物人を越えて、バーゼルの唯一性を決定してと高性に着きます。

バーゼル、比べるようがない展会の現場に配置して、、派手にチップ、技術、設計、ブランド、売価、露出は期間横断するテーマを展開します。

あまねく思って、いくつかがスイスがあって百年伝統が表を作成して経験する企業バーゼルにとりわけ恵まれている優位を持つべきです。しかし私の見るところについて、ブランドの展会の上の振る舞いがこれだけではないです。彼らは多元化の方法で見学者に理念を伝達して、展を出してモデルを表す上のは更に人の心に感嘆を生ませを考慮します。例えば美しい度のブランドは伝統、設計の進歩、天文台を尊重してチップを認証して、品質よく磨き上げて、ペアウォッチのすべての細部がすべて求めるのが完璧で、これも私がこのブランドの夢中になる原因に対してあるでした。1つの中級品の入門する機械としてブランドを表して、米度の構想はとっくに彼の消費の人の群れとランクを越えて、大いに匹敵することができます更に優秀な製造のブランド。

通ってこの2年の見るの展が経験して、私に印象は最も深いのがやはり(それとも)彼を数えるのをあげます。最初バーゼルで展を表しが現れる上からのの完璧なシリーズの08年までブルームはまた去年出したべレン試合まで(に)刺し縫いして美しい3、米度は毎年バーゼルの時計展の上ですべて古きを退けて新しきを出していてしかもさらって人の心の時計のモデルを得ることができて、内在する1の脈は伝承して世界の奇跡の建築物と腕時計の継目なしを符合します。ローマ競技場の精神が再び湿って、オーストラリア港の大橋のきわめて簡単な現代、エマニュエル2世廊下を押しのけて深い感銘を与えます……米度の建物は景がバーゼルの時計展の上で1歩ずつ実現できるのを望んで、腕時計の魅力は日であるものがなくて、自然に出来ていて理想的なのが行いを称することができます。

ありのままに機能で見て、米度の進歩も彼の札に劣りません。精密にチップの動力を許可して2回と技術を磨き上げて腕時計の運行自信を持って、理念を本当の実体に変わって思います。だから、美しい度コーナーで、すべての人のしたのは腕時計を観覧しているのがひとつの腕時計を体験しているのではありません。今の腕時計はその贅沢な地位を維持する同時に、霊感設計と永久不変の価値は腕時計になって新しく象徴して、バーゼルの展を表す風向の目的です。伝統に向って敬意を表してまた霊感、親切なのに富を極めて、ようやく維持して端と業界のとても旗幟を消費していることができて、バーゼルの魅力はここにあるべきでしょう!
今年、展覧期間を表すのは3月8日―3月15日です。2012BASELWORLD霊感は復帰して、味わうブランド、どのぐらい離れてい行くのがどれだけ遠くてか、時間の魂を御します。

カテゴリー: 最新news パーマリンク