防水の外の五大効果を除きます

もしも潜む水道のメーターがただ簡単な防水の深さがあると思って、とてもこの技術をばかにしました。水中で、厳しい試練に耐えられる防水の深さがあるを除いて、必ず従わなければならない5つの原理がもあります。
1.腐っていて柔軟な腕時計のバンドを抵抗する
水中で、腕を漕げてやはり(それとも)器具を操作するのにも関わらず、すべて計略が柔軟に回しが必要で、この時腕時計はしっかり似合って手首の上でで固定しなければなりません。たくさん潜む水道のメーターは金属製バンドを組み立てたが、しかし海水の中の化学成分はそれに対して軽微な腐食をもたらして、だから依然としてダイビングの時腐蝕性でもっと良いゴムの腕時計のバンドに耐えるのと交替して防水性になりを提案して、今のところ多少ブランドはまた(まだ)専門的にズックあるいは人造繊維の腕時計のバンドを開発して、これは同様に良い選択です。
2.ねじ込み式のスキミング防止は冠を表します
1匹の時計の最も水が入りやすい部位はどこにありますか?解答は絶対に冠を表すので、冠を表すのが唯一外部とチップの部分につながるのためです。水が冠を表すを通じて(通って)チップに入りためを防止する、表を作成する師達が研究開発しだすのはねじ込み式が冠の設計を表すのといって、冠の接続所を表してゴムの製造する防水のゴムの小屋に参加して、冠を表すのが回られるきつい時、水は厳密に断絶するに腕時計の外をさせられる(家庭の中で水道管のバルブ所のゴムパッドに似ている)にあられます。
潜む水道のメーター
3.ヘリウムに並びます
“ヘリウムに並ぶ”は非常の専門の機能に属して、通常専門の潜む水道のメーター(防水の1000m以上)に用います。専門の潜水夫が深海の仕事の時毎回すべて海面に往復することがあり得ないため、これが浪費して多すぎる時間が減圧します。
だから彼らの長い時間は深海の高圧の潜水する客室の中で必ず住まなければならなくて、しかしこの時の血液の中で必ず様子の当量の気体を溶かして入れて、だから普通な潜水する客室の中で使う空気はヘリウムの酸素の混合気です。ヘリウムの息の分子比の水の分子が更に小さいため、長い時間が高圧の下である時、ヘリウムの息の分子はしみ込んで防水の腕時計の中でそれ高圧のヘリウムの息を満たして、いったん水面に戻ったら、腕時計の中の高圧のヘリウムの息の短い時間はもし排除することができなくて、腕時計は高圧の原因が爆発が発生するためです。
4.夜光は指示します
水中が読む時の基礎として、すべての潜水する腕時計はでも人目を引く夜光のポインターと目盛りを配備します。通常潜む水道のメーターのポインター、目盛りあるいは表面がでも塗ってけい光物質があって、かつ工夫を凝らしてポインターと目盛りのサイズを大きくして、それによってダイビング者に読ませる時もっと簡易。初期の夜光の材料はラジウムで、後それが含んで過度に元素を放射するのため使いを停止させられます。今最も常用する夜光物はSuper―LumiNovaだと推測して、全て収める中のガルの瑪の粒子を吸い込んで全て蓄えることができて、持続的に10多い時間発光することができます。
5.回転する式は小屋を表します
回転する式は小屋を表して果たすことができてダイビング時間の効果を気づかせます。回転して小屋の標識を表して15、30、45目盛りを付けて、普通は潜水するための酸素ボンベが45分の種(一部なもあるのが標識が60分の目盛りを付けるのだ)を堅持することしかできないためです。前15分は色あるいは特別なマークを持ったので、潜水夫がでも上昇の時15分が安全にダイビングをして減圧するのに滞在するのをするのを厳格に守るためです。通常ダイビングの時回して小屋を表すのでさえすれ(あれ)ば、閉じ込める0目盛りを表し分針を合わせて、それから分針が行き来したのを見た後に対応して閉じ込める目盛りを表すダイビング所の使用時間を知っていることができます。
潜む水道のメーターの最初考慮したのはその軍事と工業の用途で、実用性を運命付けたのはその第1の優先する特質です。しかし、冷やかだ決して潜む水道のメーターの唯一の顔かたちではなくなく。波がきらきらと輝く海は藍色で広くて、たまに通る観光客はちょっと見て、このように静謐で多い姿です;しかしその次に身を置く人にとって、海の暗くて、憂鬱で氷のように冷たい別は1枚社会性の生物の人類に孤独なことと感じさせます。潜む水道のメーターは圧力の下回すの時間にとで付き添って、少しも疑問がないで、心を慰めたのです。

カテゴリー: 最新news パーマリンク