探検するブランパンの時計工場

精巧で美しいのが集大成して者の1735から、神秘的なのはと軸がラッセルを押さえる、難攻不落の50 Fathomsシリーズが超薄の技術Villeretシリーズまで(に)、ブランパンははでやかさと虚栄を捨てて、含めて集めてと落ち着く中に絶えず革新して、これらの腕時計は全てブランパンに出てスイスジュラ山脈の谷の2大チップ工場LeBrassusトップクラスの表を作成する労働者の坊とManufacture Blancpainブランパンのチップ工場に位置します。

ブランパンの2大制表工場はスイスVallée de Jouxの山岳地帯の谷間の中で位置して、すぐ何分の道のりを隔てって、ここはめでたくて、満足して、甚だしきに至ってはユートピアの原始で静謐なのを持っています。

1735の表を作成する大家に出会います
LeBrassusトップクラスの表を作成する労働者の坊は1つの斜めで遅い山の斜面の上で、この名声が遠くまで聞こえた労働者の坊は実は1つの唯一のオフベージュの3層の小さい建物の中で、外観と近くの田舎の小さい別荘は決してとても大きい違いがない。

内部に入って、すべての見学者は白色のを着て防塵してシューズカバーに従うと求められます。私達はまっすぐに3階まで上がって、1つの小屋の入口は1つの巨大なガラスをレイアウトしていて台を陳列して、ここはブランパンの歴史の上で最も多い部品の腕時計の1735を並べていて共に744の部品が必要なことを直接話して、この扉を押し開けて、表を作成する師は窓際の作業台の上で注意深くこの腕時計を組み立てています。この集の六大複雑な機能が全身のスーパー複雑な腕時計が全世界にあるでも2人の表を作成する師しかなくて作ることができます。目の前のこちらはを除いて1735がやはり(それとも)水を防いで3が式に聞いて隠れて学校の発明者を加減するのを作ります。

この3の高い建物のそれぞれの小さい部屋はすべて独立した仕事部屋で、専門的に部品の仕事部屋を磨き上げるのがあって、3が時間を知らせる仕事部屋に聞くもあって、ラッセルと陀はずみ車の仕事部屋と金を押さえて仕事部屋を彫りがまだいます。ラッセルと陀はずみ車の仕事部屋を押さえていて、表を作成する師はちょうど良い押さえるラッセルと陀はずみ車を作りを高い虫めがねの下でまたつないでディスプレイの内でまで(に)入りに置いて、このようにテレビのスクリーンを通じて(通って)品質を監視し抑制するのとその運行の過程が現れることができに来ます。金で仕事部屋を彫って、表を作成する師は金が芸術家を彫るで、写真あるいは図案を先に1枚の大きい時計の文字盤の図案の上にかいて、また割合とによって縮小と金を行って彫ります。

カテゴリー: 最新news パーマリンク