若い時あなたは私のあれらの愛情のしるしとなる品物を送ります

ちょうど向こうへ行く7月末で、夜に大空を仰ぎのぞむ時に、あなたがあの場の天象の奇観に追いついたのかどうかが分かりませんか?27日夜から、大空の映画館は上映して2回のよい芝居、皆既食になってから生むまで(に)光、時間が104分の皆既月食続くのと;二つは10数年の会うとの“火星の衝”、全体の夜、肉眼がはっきりしていて空の中で1粒の真っ赤で明るい火星を弁別することができます。甚だしきに至ってはあさって夜明け方の3時半左右、これ両者また(まだ)“同じ枠”、天文の愛好者の年度のすばらしい大がかりな芝居と言えます。

逃しましたか?それは私達は続いて一見の価値があった何がもありを見てみに来ます。

8月11日、中国北方地区は夕方頃に部分食の始めまで見ることができるでしょう。

8月13日、毎年固定的な上映するペルセウス座の流星雨は開幕して、ちょうど旧暦の初三のため、三日月はとても曲がっていて、条件を観測するのはとても良くて、多くいくつ(か)の願望を許可するかを忘れないでください。

それから8月17日まで着いて、太陽がしずんだ後に、頭のてっぺんに明るい揺り動かす星があって、また東南方向へ見て、銀河をまたがり越えて、別に1粒の少し暗い星があって、その両側で、また(まだ)それぞれお相手をする1個の小さい星があって、サムスンの形を並べて作ります。はい、その夜は七夕で、この“すぐ日の階段の夜の景色が水のようだ冷たくて、座って牛をひく織女星”を見ました。

七夕接近するのに従って、各商店はまた商業を打ち始めて大規模の戦いをして、恋人が金を出してプレゼントを送りを吹聴して、表情は意味を表します。今年の母の日と父の日の時、私はすべて1篇の文章を書きました。主旨は、もちろんこの祝日にお父さんとお母さんに1枚の腕時計が親孝行の心がけを表現するのを送るのが良くて、しかしお父さんとお母さんは普通はあなたを惜しんで費やして、彼らはあなたがお金を貯蓄するのを望んで、よく暮らします。そのため望んで、多くむしろすこし付き添う両親のほうがよくて、世間話をして、外へ出て、料理をしておいしいのにちょっと止まってすこしたまにごちそうを食べるのを作ります。

しかし七夕は異なりました。この中国でバレンタインデー、あなたの別は半分あなたを要して彼の∕に付き添って彼女が食べてロマンチックなろうそくの光の夕食にちょっと止まるを除いて、また(まだ)考えを使っていくらかのプレゼントを送らなければなりません。恋人は両親とさすがに異なります、ひたすらあなたを好きになって、なるほどね当たり前な事、たまにやはり(それとも)贈り物をして彼の∕を彼女が楽しくならせて、彼の∕彼女を証明するのはあなたの心の中で一定重さがあったので、少なくとも重要な祝日で忘れていません。

でもバレンタインデー贈り物をして分別もあります。もしもちょうど知っているのが間もなくて、バラにチョコレートを送りを送ってすぐ足りて、もしも相手は実用主義者で、リップスティックに品物の類のに保養するのを送りを考慮することができて、もしも情は濃い時まで(に)、情趣の下着は良い選択で、1つの島は休暇期間もとてもロマンチックです。しかしもしもすでに縁組みを議論しておよび、或いはちょうど3周年の5周年のこれらの紀念すべきな日を祝って、長い間付き添うことができるもの、に1連のネックレス、1枚の指輪、を或いは1匹の腕時計を送りを考慮することができます。あなた達は10周年祝ってから、20周年の時に、これらのものはすべて幸せな思い出になることができます。

しかししっかり覚えておいて、どんな携帯電話のフラットパネルなどのニュースサブクラスの製品を送らないでください、これらのものは35(3,5)年が確かなのごとにモデルチェンジします。来るのがとても容易で、たやすく手に入るものは特に置くを通じて(通って)、みんなのたたいた写真に似ていて、クラウドが存在するのがまだコンピュータのハードディスクなのにも関わらず、ほとんど全部機会が再度ひっくり返って見るのは何もありません。

七夕の商業の大規模の戦いをする硝煙の味の中で、多くの時計のブランドの宣伝が吹聴するのを見ることができました。これっぽっちは倒れてとても七夕の境地に合います。1つには、プレゼントが1枚の時に比べて計算するのがなにかあるのは更に時間の経過の長い流れ(川)の中でずっと恒久で不変の節操をかたく守る愛を象徴することができますか?またものがなにかあって、1枚の機械的な腕時計に似ていて更に“乞巧”の意味に似合うことができますか?

もしもあなた達はすでに通して互いに模索するあいまいな期を相互打診して、1段の安定的な関係中でいっしょに同業であることを決定します;またあるいはあなた達の新婚、甚だしきに至ってはすでに老夫婦で、それでは互いに相手に1枚の腕時計を贈るのが本当に良い選択です。

“子の手をとって、子と年老いるまで夫婦仲良く連れ添います。”10年、20年、30年、50年、真相はますますかたいです。

カテゴリー: 最新news パーマリンク