Yu Caiは広州から中国のドアをノックした

清朝の広州は中国と西洋の海洋文化の交流にとって重要な町であった。海洋シルクロードの2,000年以上にわたり、広州は他の沿岸の港に比べて唯一の長持ちする港と考えられています。明代初期および早期清ボイコット、貿易の状況で広州長い時間、康期間からボイコットを開いた後、ヨーロッパの芸術と文化の大多数は、広州の流入で、最も引っ張りだこの間である強力な清エナメルです。フルカラーおよび世界における視覚芸術の前例のない高い社会をもたらすためにテンション、清朝宮廷のフルを示す金属エナメルのこのモザイクパターン、滑らかで独特の光沢と質感を持つまろやかな外観、。

伝説によると、エナメル表は明、清時代からある中国に導入された、イタリア人宣教師マテオ・リッチは、明の皇帝のチャイムクロックに古代文明の貢献をオープンしました。皇帝康後の四十六年、スイスのフランソワルイStadlinは宮殿が有名時計メーカーになった、皇帝康によって理解、多くの細かなエナメルテーブルを生成王室のために中国に来て、広州では、独自の時計の貿易を設立しました会社エナメルテーブルは、後で雍正と乾隆帝の2人のお気に入りの乾隆皇帝は古代の絵画や書道をトレースして幸せであることにより、エナメルの時計の装飾に適用された、エナメル質と絵画の完璧な芸術の追求は、技術の組み合わせを監視します。また、少なすぎる西エナメルの時計を保持するために全体の王室や貴族が主導し、広東省の地元当局者の誇りにも、多くの場合、北京に送られたエナメルの時計の芸術家をやってのが得意。当時、中国は世界最大の時計市場となっていたことが想像できる。西洋時計メーカーは、中国で歴史のエナメル質片の最も輝かしい業績を見る東洋の色とエナメルの時計を大量に生成するように設計されている嘉清王室の高価な時計の好みに応えるために始めています。

– 初期の乾隆帝について、広州はすでにチャイムクロックローカル自作、乾隆期間がある「広州政府の記録ボリュームIV 18を、」それは読み:「チャイムクロックこれはケーブル転送に西洋から来て、(少し遅れてゴマリスト発信者がそれを意味する)のマシンが刺激明は12時に遅くに滞在していますが、Guangrenもそれを行うことができますが、西洋ほどうまくはありません。 「しかし、精巧なかったと西洋」これはおそらく時間がない今、エナメル質に限定されているが、これは間違いなく、長くは続かなかったヨーロッパでは、特別なスキルを持っている、「広州フィリグリーエナメル」が誕生しました。今日の宮殿博物館では、天安門時代に作られた非常に美しい「広州シルク珐琅」時計の多くを見つけることができます。

表示するようになったタイヤによって銅線に、いわゆるエナメル細工パターン:異なる色の釉薬エナメル良いアウトライン輪郭に充填され、次いで銅溶接胚にジグザグに配線、及び、これらのエナメル釉薬は、鉱石と金属酸化物を粉砕して微粉末としたものである。金属片は850〜900℃の特殊炉で焼成され、釉薬は高温により色が変わり、明るい色を帯びます。金メッキ銅インレイ、明るく、楽しい、暖かい明るい色;および「広州フィリグリーエナメル」テーブルには、西洋分を吸収するために、優れた技術、そしてエスニックスタイルの統合、活気のある繊細な蛇行、密なコンパクトです。

そのエナメル質プロセスは、このような公共の「プレーンエナメル」を見落としやすいとプロセスが複雑である、などの単一の「細工エナメル、」ない「エナメル塗料。」 「プレーンエナメル」、名前はピースエナメルが一つの色をパン示唆が、単一の色を作ることは容易であるとは思わないよう、私たちは皆知っている、自然なヒスイの完璧なヒスイが存在しない場合、作成者は、間違いを避けることができない、とA良い先生がやってくれるでしょう。ダイヤルの色が高い基準に達し、釉薬が繰り返し焼成され、発射によって生成された色が飽和して丸くなることが必要である。

一部の人々は、熟練した教師のエナメル質を完了することができ、および「エナメル塗料は、」最も困難でエナメル質の一種と呼ばれ、それは7個のジュネーブ時計製造工芸の1つとして表示され、「繊細なエナメル」は難しいことではありません、と言います。その製造工程が複雑すぎるので、成功率が低すぎる、良いエナメル質が少なくなり、人々を見て行うために忍耐を生きるための能力は、また、エナメル巨匠未満5人の名前とみなすことができます。エナメルテーブルの少なすぎる理解があまりにも存在する場合、あなたは間違いなくアニタ(アニタPorchetに)世界のトップエナメルマスターを聞いたことがある、とアニタでブランドのエナメル絵の巨匠、芸術作品一つだけの特殊なサービスではありませんパテックフィリップ、ヴァシュロンコンスタンタン、ピアジェ、エルメスや他のトップブランドを通じて、それぞれの作品は、それ自身の署名「A.Porchet」またはAP(A.Porchet APの稀、いくつかのより高い値)が、これらのブランドは前になることはありませんエナメルテーブルの良し悪し裁判官は、特徴を強調する必要があります:エナメル表を、それが、あるので、あまりにも、同じことが世界のトップエナメルのマスターに敬意を払うために世界のトップ時計職人は(国立故宮博物院の上級研究員は、エナメルテーブルの値をコメントしている、と言うことができますエナメル作品で飾られた時計は、機械的性能基準はまた、個人的な意見、3は尋ねながら、カレンダーは、これらの超洗練された技術の重点は、プロセス技術の時計職人を習得することであるトゥールビヨン、良いエナメルテーブルとして使用する必要がありますそして、エナメルは技術的な技術を強調する技術の上にある芸術です。この点だけでなく、マスターのスキルは、マスターの才能のテストであり、おそらくこの種の価値は大抵の人には喜ばれるものではありませんが、私はまだ考えています)。

もちろん、このような磁器グラスヒュッテ・メイソン(Masonの磁器磁器産業は、マイセン磁器は、常にヨーロッパの王室、有名人となっているロールスロイスとして知られており、政治家は価格が金と同じくらい貴重であったが、追求の対象としてこれを行うには他のブランドがあります。今、私はブランドが多分時計の顔といくつか)、グラスヒュッテ・メイソンの協力があり、メイソンが標識されるであろう、より強力である言うことができない「青い剣の対立を。」当然のことながら、マスターはトップブランドと競争することができ、その影響を想像することができます。

国内の発言は、第三世代の子孫Xiongsongタオ熊エナメル塗装エナメルヤンZhifeng、広州、前者と後者の良好な七宝エナメル塗装を専門あります。ミスター熊Songtaoは現在、ダイヤルは、スイスのバーゼルで2007ウォッチ&ジュエリーショー、世界初と共同で「熊エナメル」北京ウォッチ工場では、欧州のシニアマスターズエナメルの時計ブランドのためにカスタマイズすることができる唯一のものですシルバービレットとゴールドシルクスプリントのトゥールビヨンウォッチ – 「バタフライフラワー」データは、釉薬を行い、研削、エナメルピース上のパターンのすべての部分が、このブランク、細工、焼結によるものであることを示し、その後焼結し、その後40以上の研削や他のプロセス、10倍以上800度摂氏温度を釉薬ローストは壮大な色と百の花の効果を生み出すことができます。 「エナメル勝つ」キングを作成するために組み合わせる広州伝統的なエナメル質と繊細エナメルでヤン氏Zhifengは、エレガントだったと前後に自由に転がる、絵画の南北のスタイルは色が暖かく、より繊細なブレンドになります。西洋の最初の紹介として、広州の歴史の芸術的価値は無視できません。

「ペインティング」については、歴史的な時計ブランドと放送について言及する必要があります。このブランドはまた、広州と密接に関連しています。 19世紀初頭、ヨーロッパのエナメル質は、中国市場での成熟度を見て、欧州諸国は中国に工場を見ても時計商社を設定しています。 1818年、英国のMagnianは、同社のスイスエドゥアールで働いていた後に求められ、中国アッパークラスによって西エナメルテーブルを見つけ、広州、中国に来て、広州、中国で1822年に簡単に(清朝は)用に設計された、ブランドを見てスイスボヴェに設立されました清王朝の王室は、さまざまなロイヤルエナメルでポケットウォッチを描いた。特に、我々は今日、「ビッグ8」知られている業界を見る理由である、提唱当時、中国の全体は、このような内部のミニ機械式ムーブメントを持っている、特にために、西洋の機械技術の重要性を認識している外部の点灯芸術の魅力で塗装します風と神々の始まり。清朝外交通商大臣の李宏章(Hong Hongzhang)もまた、放送鑑賞のファンであることに言及する価値がある。

2012年12月、ボヴェは広州Yiheshanzhuang協議会では、中国とのコレクションを見て再李広州後の190年に再び「腕時計ボヴェの中国のコレクター、」ともボヴェテーブルを組織し、私が首相に招待される名誉を持っていましたウォッチ・カルチャーのエバンジェリストを抱える時計学者Chang Wei氏は、Dulwichマイクロ図面時計の魅力を語ります。このゴージャスな、複雑な動き、明るいエナメル知られている時計ブランドを形作るために、信じがたい、全く知られているブランドは10万元以下を見ていないがあり、真にユニークな場所は、超複雑時計の3つの技術ではなく、文字盤ではありませんマイクロ塗装。各ダイヤルはユニークな職人技で芸術の巨匠によって作られており、各カスタム時計は3〜6ヶ月かかります。
エナメルだけではなく、歴史的郷愁、古代ギリシャに起源、またはプロセス文化を堆積し、400年前にこの平方インチダイヤル、シンフォニーピエールの芸術的解釈、上の小さなタイミングツールの出会い、広州に足を踏み入れ、中国の扉をノックします。

カテゴリー: 最新news パーマリンク