最初設計IWC技師のシリーズを復帰します

しかし過程で完璧なのに接近していて、優良な設計はやはり(それとも)探すことができる跡があって、たとえば創造して記憶力のアウトラインを表示して、美感の上で人を一目で忘れ難いだけではなくて、更に落ち着いているつり合わせる感を持っています。2005年に大挙してモデルのIWC技師のシリーズの腕時計を直すのが私が非常に成功する一回がモデルを直すと思うで、でも聞くところによるとこれはモデルの別に多すぎない人を直して好きで、市場の反応ももあまり熱烈でなくて、去年にもこっそりと生産を停止しました。2018年に私達のまた見た技師はすでに技師の原始の円形の様子の容貌を回復して1955年になるのでした。

IWC所属の技師のシリーズは2005年に一回の大大的行動をしばしば経験したことがあってモデルを直しのでことがあって、しかしこの設計の技師のシリーズはすでに2017年に生産を停止してそして再度モデルを直します。

2005年に技師の腕時計を直すのが1976年と腕時計のデザイナーGトraldGentaの設計したデザインにやり方は異なるが効果は同じのを持っているように招待してことがあるみごとです:その時を利用してGentaたいへん凝ったのが窓式のねじを回ってロックして小屋を表して、甲冑の類の鎖をつけていて設計を持って、IWCを出して技師の腕時計で高い反磁性的の重要で大幅な技術を強調するのを強調します。この個はモデルを直して技師とIWC所属のすべての時計の都区を仕切ってくるだけではなくて、同じく技師に機能の運動する風格を更に備えて更に確立する自分があらせて、その時IWC所属の腕時計が最も剛直で気骨がある性格の腕時計があるだました。

2017年そっと発売する技師の新しいデザイン、2018年に大挙して宣伝して、1955年の重厚な設計に帰って、しかしたくましい時とポインターの上で表示してところがずっと続いています。2018年に新作の技師はやはり(それとも)極力スポーツの風格と近寄りますが、私は少なくなって2005年の時のあのような横暴な気質を直すと感じます。多分私の大好きなことの更に独立独歩する表す殻設計で、遠い所をつけて腕時計設計のアウトラインの外形を見抜きも、もしもみんなの審美はすべてこんなに一致して、いいえ大いに時計を観賞する楽しみを失いましたか?

当然なブランド設計の腕時計の時に、所属のチーム達も私の個人の好き嫌いの意見のためある程度変えることはでき(ありえ)なくて、2005年の技師の様子の容貌2018年まで変化が巨大で、信じるのも市場の意見の帰属で、でももしもすべての人はすべて大衆を遊んで味わって、それでは世界の少なくなった多元化の新鮮なのの、また腕時計設計の最も繁栄している年代を帰りにくくて、この点は多分近代的な時計の産業が人材の極度の不足する今日を設計しているので、考えたのが必要でしょう。

カテゴリー: 最新news パーマリンク