横暴な気質の針金をつけるエナメル

針金をつける法(cloisonné)、これは兄特時期教会堂のカラーのガラス細工の啓発誕生する技術を受けるのです。針金をつけるエナメルは明朝の宣徳、景泰為で代表して、そのため、民間に“景泰藍”とも称させられて、しかし規範に合わせて仏を“銅の胎の針金をつけるエナメル”と呼びます。針金をつけるエナメルは磁器の銅の結び付ける独特な工芸品です。元代の時にアラビア半島の陸路から入って来て、その時“大きい食のかまど”の器と称して、我が国の古代職人はすぐ“大きい食のかまど”の製作の技巧を掌握して、そして私の国家の基盤の田舎くさい伝統の技術と互いに結合して、民族の特色がある新しい金属の針金をつけるエナメルの景泰藍を作りました。明朝に景泰藍は皇帝の愛顧を受けて、それは薄くて狭い銅線で摘んで多種の図案を作成して、くっついて銅の胎で行って、いろいろなエナメルを書いて推測して、工程を燃やして、ぴかぴかに磨いてなど有用な人物になりをあぶりを通ります。その時のため上薬は多く青い、のだから俗称の“景泰藍”を呈します。景泰の後で、この技術の品種は乾隆の時期にまで(に)また1の山頂の峰に達しました。

針金をつけるエナメルを作って金属絹糸皿で模様を出して、粘って強く銅の胎で行って、また埋めていろいろなエナメルの上薬を与えて模様の骨組みの内で、外、それからかまどに入ってあぶって燃やして、器まで被せる釉層を表して適切な厚さに達して、また通って、金めっきなどの技術の措置を磨き上げます。良い針金をつけるエナメルの金属は針金をつけてとエナメルが調和がとれていて相容れて、自然なことにつきあって異色がないをの結び付けます。エナメルの先生が針金を固定的に金属の胎で行って異なる材料を選択して使用するため、役に立つ溶接の方法、のりを使う、上薬で甚だしきに至っては彼らの独占的な秘方だ。役に立たない何、方法が適切でさえすれ(あれ)ば、すべて成型していることはでき(ありえ)ない作品の上で痕跡が現れて、経験が足りないエナメル師はどうしても粗いののが針金をつけて、接続所のが色などの状況を現しが現れて、このような作品も一文の値打ちもないです。

カテゴリー: 最新news パーマリンク