最も富む伝奇的な経歴の懐中時計と第1枚の腕時計

時計の歴史が追跡することができるのは非常に遠くて、時計の歴史の長い流れ(川)の中で、あれらは高い名声に富を極めて、伝奇的な色彩の時計があって、その背後のいっぱいに含んだストーリ、更に後代の人に自慢げに話させます。今日私達一説の時計の歴史の上で最も富む伝奇的な経歴の1枚の懐中時計時計の史上でと現れる第1枚の腕時計、彼らの背後のストーリを見てみに来ます。

ブレゲの“メアリー・アントワネット”の懐中時計は(通し番号はNOです.160)表を作成する歴史の上で最も富む伝奇的な経歴のひとつの時が計算したと、1783年、ブレゲの大家が一つの特殊な使命を受け取った、1人のメアリー・アントワネット王妃の神秘的な傾慕者が1モデルの驚異的な懐中時計の行為をつくって王妃のプレゼントを与えるのを送りを予約しに来る、その要求のこの懐中時計集合のその時のすべての複雑な機能、そしてできるだけ採用の黄金がその他の金属に取って代わる、その他の附属機関、すぐ複雑な装置のまた必ずしなければならない多量と多様化、しかも製作時間とコスト上で言うことができます制限がありません。懐中時計の最終は1827年にやっと完成を作って、つぶす時44年時間は製造します。

この懐中時計はずっとブレゲの倉庫ので中で保存して、1887年までイギリスの収集家SpencerBrunton勲爵位に売り出されて、あとでまたその兄弟の手に転送して、しかる後懐中時計の主人はMurrayMarkになって、続いてまたDavidSalomons勲爵位の貴重な秘蔵品になります。

1925年に、DavidSalomons勲爵位は亡くなって、彼の娘はこの懐中時計を受け継ぎました。この後で、DavidSalomons勲爵位の娘は1基のイスラム芸術博物館を創設して、そして自分のすべての収蔵品をすべてこの博物館にあげたのに寄贈して、同じくその父のそこの受け継いだすべての時計の秘蔵品から含みます。1983年4月16日に、この博物館はどろぼうにご愛顧賜られて、すべての時計の秘蔵品は根こそぎ略奪させられて、“メアリー・アントワネット”の懐中時計もいっしょにどろぼうに入られます。もし国際刑事警察機構はずっと努力して調査、しかし後でずっとナシのつぶて、音信がないけれども。2007年11月14日に至って、この世に比類のない傑作はやっと警察側に見つかられて、同時に大部分の盗難にあう時計の秘蔵品が見つかりました。マイヤーイスラム芸術博物館の新館2009年の春に対外開放、開会展の輝点はもちろんこの通し番号がNO.なるです160のの“メアリー・アントワネット”の懐中時計。

カテゴリー: 最新news パーマリンク