ブレゲTradition Automatique Seconde Retrograde 7097

ブレゲTradition Automatique Seconde Retrograde 7097は本来は時計の文字盤の底板の下にある板橋、歯車、エスケープ、ぜんまいの箱などのチップ部品に隠れるのをはっきりしてい公にして、だからSubscriptionは単にポインターの懐中時計だにTactと機械設計を表して敬意を表することに触れます。細部とつりあいがとれている板橋の構造を飾って腕時計の平衡がとれている視覚効果を強めました。板橋と底はかぶせて皆特殊な金槌の扮する処理を経て、このような完全無欠な操作と技術きわめて精密な技術を飾って、すべての細部の皆調和がとれている統一を確保します。黄金の自動陀はその時期のチップの風格を参考にして、手製で製造する丸くない真珠は模様を刻んで紋様の図案を打って際立たせだして12時の偏心位置の金の質の銀をめっきする時計の文字盤に位置するのを彫刻します。このような時計の文字盤は同様にブレゲ先生の1799年から作るタッチが表す中で現れます。

カテゴリー: 最新news パーマリンク