ただ半分見るだけに!漢のミルトンの勲爵位は愉快に自動的に表します

Hamilton漢のミルトンの勲爵位の楽しいシリーズの設計は時間を尽きることがない興味に与えました。スイスの製のつくる自動チップは時計の文字盤の上で氷山の一角が現れます。くるんで高級な物が推測して苦心して設計する中のその他の細部でつける者に限りがない想像の空間を残しておきます。

1秒に焦点のになって愉快に”OpenHeart”を設計します(楽しい)

この漢のミルトンの勲爵位は愉快に自動的に表して、搭載して2824チップを書いて、精密な鋼の材質で製造してなって、小道の40ミリメートルを表します。この時計の最も特別なのはそれのあの半分開くサイドオープンの時計の文字盤にあって、時計の名前”OpenHeart”(楽しい)が全く同様で、この半分開くサイドオープンの時計の文字盤も人の納得して笑う感覚にあげます。漢のミルトンのこれが巧みに設計してこれに自動的に鍊に行きを新しい風格を表す与えるのと言えて、アイデアが遊びをこのように思いどおりになることができて、同じく人に漢のミルトンに対して讚の嘆く眼光でどうしても投げなければなりません。それ以外に、時計の文字盤の上で9時の位置、私達は上方鎸が漢のミルトンのブランドの字形を刻みが見えることができて、かつともう一つの辺の空白の時計の文字盤は対比を形成して、清新で簡潔な風格を形成します。面白くての、ポインターはちょうど2切れの時計の文字盤の中間ではめ込んで、このようにきめ細かい設計はまた人の驚く感覚にあげます。この時計の時計の文字盤がはっきりしていて、一目で分かったのが読みに役立つ時、かつ皮革の腕時計のバンドによく合って、全体は見たところ気前が良くてまた上品で、コーディネート自在の造型はすべての場所でつけるのに適合して、半分の透かし彫りの時計の文字盤はまたその飾りのたくさんの彩りであることができます。

カテゴリー: 最新news パーマリンク