エプソンRUNSENSE運動する腕時計は科学的なスポーツの新しい方法を製造します

人々の生活水準のが絶えず高まりに従って、体の健康な意識も絶えず強めているのを維持して、ランニングの敷居が低くて、人々の強健な体格と精力を維持するよくある方法の中の一つになります。ランニングが人々の広範な好感を受けるため、各種の走った試合は次々と現れます。つやがあるマラソンの試合、今年すでに登録したのは200余り場があって、来年300場を突破すると予想します。マラソンは多く都市の道あるいは特色地区でして、専門のスポーツ選手がまだアマチュアリズムなのにも関わらず、すべてマラーと松中は思いきり自由自在に書く汗だにあることができます。スーパーマラソンのクロスカントリーの難度と称させられるのがもっと大きくて、多く山の間野の外で発生して、10数(何)時間近くの試合、走者と大自然を思いきり接触させます

1週間の何回の試合は近頃代わる代わる催す“マラソンの黄金期”は早く過ぎ終わります。しかし、毎年熱気があふれる試合の来る総がいくつか“突然死”、“卒倒する”などのマイナス面の情報がありに伴います。クロスカントリーの多く人のいる形跡はまれな野外、いったん発生したらのが意外で、結果は想像に堪えないものがあります。本来の現代人の生活の仕事の圧力が大きくて、ランニングのは体を鍛えるもともといい事で、ちょっとどう危険な事になったですか?

適切に鍛えて、確かに体の健康に利益があったので、しかし運動量はもしも自分の体所の耐えることができる範囲を上回って、確かに1件のよい事だと言えることはできません。1人当たりがすべてあって階段を登った時はあはあと持って、心臓跳ぶのがとても速い状況にあえぎますどきどき。たまに一回はビルを登って、持続時間が短いため、そして健康な若い人にとって恐らく大いに妨げるのは何もなくて、しかし、マラソンクロスカントリーのスポーツと異なる、ややもすれば4―5時間甚だしきに至っては10何時間、体はずっと高が運行に負担に耐えるのを維持して、もしも自分の体の状況に対してある程度、とても有り得る出現の予想外を監視測定しません。

運動量が普通で運動強度と持続時間で評価します。持続時間良い理解、運動する時が長いがの、運動強度少し少し複雑になったのを指すです。普通は、スポーツの中で直接反応の強さの指標が酸素量を撮影するのであることができるで、例えば階段の時のを登ってはあはあとちょうど反応して酸素量を撮影するのにあえぎを持ちます。しかし酸素量を撮影してリアルタイムで容易に監視測定しなくて、そのため普通に更に容易なリアルタイムの監視測定する心拍で運動強度を評価します。私達が2―3の石段の1歩のスピードで階段を登る時心臓はどきどきと加速するのが脈打ちができて、運動強度が大幅に高まっていると説明して、運動強度をも実証して心拍の数値の大きい原理が高いです。

心拍の方法を測量してたくさん種類があって、よくある方法は手動で数を数えてと心拍測量がありがいます。手動で数を数えてと胸が式の心拍を持って測量があってすべてスポーツに不便なことを持ってきて、すべて運動する愛好者の最優秀選択の道具ではありません。ここ2年光電気式の心拍の腕時計のは更に簡単に便利な選択のためできあいであることを出して、それは光電気モジュールを使って心拍値を測量して、運動する腕時計と集めてなりいっしょにいて、使ってみた感じとても便利です。エプソンの出すRUNSENSE光電気の心拍の腕時計GPS機能と光電気の心拍が機能を監視測定するのはすでにだんだん正確になります。

カテゴリー: 最新news パーマリンク