更に化の価格ラインベルト万国IWCを細分しますCal.69370

これはIWCの最新の時間単位の計算のチップ69370の下書きに関して筆者はすでに、筆者がこの下書きに文章を書く同時に長い間S.を準備しましたI.H.H.ジュネーブしていて、IWC2017年度の第1陣の新型もすでに全部は発表して、ただその中はいかなるがなくて69370の時計の(筆者によってチップの自身の情報に関して知っていなかった)を搭載します。今回時計展の新作の中で彼らチップの使う動向を照らし合わせて、私達は、IWCについてこの69370でおよび後続全体のチップの策略はすべてより多く判断する根拠がありました。

まずやはり(それとも)チップの自身の出す事の次第を見てみに来ます。69370は2016年の上半期に正式に露出したので、3月間IWCがイギリスの催すクラシックの骨董の競技用の自転車が集会するGoodwood Members’Meeting、イベント時1モデルの3式の新型の技師の時間単位の計算に時計、新作が現行の技師の外形設計、搭載するチップを直すだけではないとのを積み重ねるように出したのに参加したのも全く新しい型番の69370です。発表から約1年IWCがこの新しいチップの放出した情報に対して雀の涙で、でもその規格の属性から私達は依然としていくつ(か)の重点を帰納しだします;まずそれは自動時間単位の計算のチップで、だから少し早い発表の手の上で鍊時間単位の計算のチップの59360理論の上で担当するのとと違う製品ライン、自動時間単位の計算のチップの89360に同じく属するのと比較して、それはサイズはずっと小さいだけではなくて、全体の生産コストがも向かい合うべきだのが安くて、だから、未来89360分が高低に属するべきなのとと違い価格ラインの製品、具体的に言ってETA7750に取って代わります。

IWCは69370の後でまた露出した1枚の新しい規則の3針のチップの42110があって、このチップに関して私達は知っていて更に少なくて、それが時計のモデルさえまだないため、ただ規格からETA2892の取って代わる機械であるべきなことを見に来ます。私達がこのチップの推測に対してすべてかなり戦略的を備えるため、そのため本来はそれらが2017年での新版の達文西のシリーズの中で大幅に活発だと予想して、最後がなんと1モデルさえ使っていないでを思いもよらないで、かえってブランドは今回の3針のデザイン中で大量にSellitaのSW300基礎なる35XXX係のチップで使って、全く予想に反すると言うことができます。

Sellitaシステムのチップは以前はPortofinoシリーズの上でただ使ったことがあるだけ、その時また(まだ)ひとしきりの騒動を引き起こして、本来は多くの人はすべて未来IWCが大規模Sellitaを導入するのができるのを当てていて、しかし事実はこのような結果が続く数年で発生しないので、ただ私達がすべてすでに次第にこの事を少しずつ忘れた時、IWC突然また2017年に私達を実現した前の予測、その上今のところ見たところIWCはSellitaの見込みまたようだに対して私達と推測したのを始めてと違う所があります。

入門する製品は化を細分します

正式にまだ発売していない42110はこれっぽっち現行のETA2892を基礎にする30110に取って代わるのが確かなことができるのであるべきなことに用いるので、ただSW300を基礎の35XXXにするのも同様に30110取って代わっているで、この裡から私達はIWCが原本30110の製品ラインをまた分けて高低の2階段を取り除けるつもりなことを推測することができて、高位のは自制の42110を搭載して、低い階段のは外部からの35XXXを搭載します。近年の市場の変化N0000に直面して、このようなに似ているのは入門するでしょう製品の更に化を細分する方法その道理があるので、1つにはこのmoは入門する敷居を下げることができて、一方は同じく製の製品から1時(点)の予算の消費者を多く加えたいに保留しました。

時間単位の計算のチップの情況

そんなにおなじな状況も69370上で発生しますか?つまりIWCはも一方では69370で7750基礎なる79XXXで取って代わることができ(ありえ)てか、一方は同時にSW500類の通用するチップを導入して1つの更に安い製品ラインをしに来ます。事実上このような状況はすでに発生して、2011年式Portofino時間単位の計算のちょうど発売する時搭載したのは79320で、しかし現行の製品はすでに黙々として別の1枚の75320に替えて、この75320は聞くところによるとSellitaのSW500を基礎にして、でも現在のところはもPortofinoが75320を使うしかないべきで、その他はパイロット、Aquatimerに似ていてすべて依然として79320をそのまま用います。

継目なしは統合しますETA7750

これぐらいを言って後ほどチップの自身を見てみに来ます。私達は69370会が7750なぜ取って代わりに用いると認定するのか、一方では7750と全くと同じにそれの30.0×7.9のmmのサイズのためで、それにその顔立ちが配置するのが同様に左の3つで、つまり包装(服装)を変え始めて全く継目なしが統合することができます;注意する必要があるのその左の3つだのは小さい秒針を6時に置くので、これっぽっちと7750のは9時に異なってで、このようなよいところは未来更に像が形成されるポルトガルの時間単位の計算のそのようなまっすぐで双眼のの話をもし改正してならば9時の12時間の積を取ってしまって計算するのでさえすれ(あれ)ばで、使わないでまた7750のようにまた(まだ)秒の(さん)位置を移動します。

ガイドポストの車輪は双方向と自動的に鎖に行きます

似ている場所を除いて、69370たくさんの規格は7750に勝ったので、まずその続けて構造に動くのがガイドポストの車輪、を通すのが7750のカムではないので、その上その歯車の歯も593601点の小口に似ているのが非常に深くて、理論の上で更に明らかな操作の手触りを提供することができます。またそれに来て双方向に変更して使用して自動的に鎖に行って、これは7750の一大の弱点(一方だ自動的にの上で鍊)を改良したと言えます;自動的に鎖に行く構造はつめ式ので、この方面は彫るに比べてちょっと止まって自動的に鎖の精神に行きを受け継いだと言うことができて、一方もIWCが切り替えるについて式に順番に当たって自動的に鎖のに行って出費に耐えて依然としてある程度保留するのを反映します。

その他に比較して型番を自製します

ETA775069370を比較する規格と勝ったので、しかし自分の89360はともしも依然として高い上に1階段を89360漏らすいくつかの手がかりが比較するかあって、89360が度の空中に垂れる糸を押さえるのがないのであるようで、69370は速度の針で、その外添え板のが件に分けてもうららかな春を比較すると感じて、これらはすべて新しいチップのブランドの中の位置付けを表示します。現在のところの技師が69370のデザインの定価を搭載するのは少し微妙で、同様にステンレスが殻を表すので、それはパイロット、Portofinoに比べて7750システムのデザインがすべて高い上に数万元搭載して、この価格差は合うかどうか「自制化の合理的なプレミアム」は難しくひと言で言うと確約するののについてとなると。

カテゴリー: 最新news パーマリンク