ランゲL951.1

最近ランゲに夢中になったのであるようで、しかし誰がそれにドイツが兄貴を表すのにならせますか?ランゲのチップは結論的にほぼ比較的バランスが取れていてで、でもこの中で主なを見たことがあってそのL951.1チップをおす人がいました。このチップはランゲの比較的すばらしい時間単位の計算のチップであるはずで、その上その時間を出すのも比較的早くて、大概は1999年頃です。

このチップはドイツの表を作成する基本的な特徴があって、すばらしいガチョウの首が微調整して、藍鋼のねじを除いて、およびルビーの黄金のスリーブの外、ドイツの銀の橋板、格拉蘇蒂の縞模様、彫りは添え板などに順番に当たってすべて重い表を作成する界に帰るランゲの決心を表示したのを並べます。このチップは精確な時を跳ぶ勝ち点皿を配備して飛びと装置に帰って、また(まだ)すばらしい案内車の柱を装備して、L951.1チップの中央の時間単位の計算の秒の車輪は採用左右別れと出会い装置で、歯車間のかみ合いを通して時間単位の計算に来ます。

全体のチップは405件の部品から構成するので、チップは402の独立する部品を含んで、すべての部品は通って手製で学校を加減して、すべてのてこ、歯車はすべて手作業のから精密なのは面取りを磨き上げます。ここに話が及んでランゲのチップの1つのとても大きい特徴を言って、技師の手作りは彫りを彫刻します。これはランゲの品質所は、と同時に異なる技師がまた異なる彫刻の風格、ランゲのチップの上の彫りを持っていてそのためおそらく異なりがあるのなだけではありません。

カテゴリー: 最新news パーマリンク