日本の伝統の朝(夕)焼けの鎚の目の金槌が現れて技術が起きます

G-SHOCK MRG-G2000HT“Kasumi-Tsuchime”

カシオG―SHOCKの新しく出すMRG―G2000HT、カシオの粘り強い追求の非常に強い丈夫さ、ハイテクと伝統の日本式技術の方面の完璧な結合を表明しました。この腕時計はGPS+6局の電磁波を採用して標準時間を知らせるシステムを混合して、無線電波とGPS衛星の信号の2重のソリューションを採択して、使用者が世界各地で正確に現地時間を掌握することができるのを確保します。同時に、腕時計の組み合わせてセットにするスマートフォンとAPPはまた(まだ)約300基の都市のグリニッジ標準時、自動時間を提供しておよびブルートゥースが伝送して腕時計の状態の機能を表示するのと標準的な時間を接収するのを矯正します。チタン金属は殻を表してかたいアンチ・ショックの構造によく合って、腕時計きわめて強いののがあって耐震性能に落ちます。時計の文字盤の鏡映面は人造のサファイアのガラスの材質を採用して、高の透明度、高抗の磨損性があって、そしてひっくり返って光が反射しないのが上塗りあります。2つの単独の動力の駆動する時計の文字盤はそれぞれ機能と期日を表示して、蛍光の3D目盛りは個性的で鮮明で、スーパーLED点灯装置が夜間に読みを確保する時はっきりしてい弁別することができます。腕時計のモジュールの中が磁気板を抵抗するポインターが日常使う中の磁力のため人を停止するか移しを防止することができて、しかも無線電波のに接収するように邪魔することはでき(ありえ)ないです。

MRG―Gの2000HTの魅力はハイテクに限られるだけではなくて、独特な朝(夕)焼けの鎚の目の金槌は技術が起きて腕時計に古い芸術の内包を与えました。このような技術は最初1200年前にまで(に)さかのぼることができて、金槌を利用して絶えず金属に打撃を与えて、長い間ずっと甲冑と銅器のようだ堅固な金属の製品、を製造するのに用います。今回、この全世界は制限して500のMRG―G2000HTを発表して日本の国宝級の技術の大家の浅野の美しい芳から自ら製造します。朝(夕)焼けの鎚の目の金槌で技術が起きて製表の小屋と中央の腕時計のバンドの部品を打って、“朝(夕)焼けの鎚の目”という独特な金槌の紋様の効果を形成します。つち打ちの後で、腕時計の部品は深層の焼き入れ処理を経なければならなくて、引き続いてDLC上塗りを被せて表面のを強化して磨損性能を抵抗する、そして長いのを維持するのが美しいです。最終、MRG―G2000HTが小屋を表して、殻の底を表してかぶせて位置して10時に位置の金属のプレートが濃厚で深い“日本式青”が現れます。

カテゴリー: 最新news パーマリンク