ブレゲ(Breguet)のクラシックのシリーズClassique 7787月相の腕時計

ブレゲとして最も代表性のシリーズの中の一つを備えて、クラシックのシリーズはずっと独特の風格があるブレゲの風格を伝承して、同時に絶えず開拓・革新して、新しい時代の印を彫り刻みます。ブレゲ(Breguet)のクラシックのシリーズClassique 7787月相の腕時計はその中の極めて優秀な人として、手本の姿でブランドの並外れていてきんでている品質が現れます。

7787は完璧にブレゲの精致で優雅な風格を受け継いで、時計の文字盤が大きい見える火で技術の製造する白いエナメルをベーキングだのはつるつるしていてきめ細かくて、ブレゲの独創する藍鋼のポインターはその表面でゆっくりとかすめて、最も現してあかぬけしている風格を表します。見たところ気の向くままにの数字の目盛りも玄妙な道理にひそかに隠れて、非常に細くて優雅な数字が本当でブレゲの創始者のおじさんのためにめったにない–ルイ・ブレゲ先生(Aを引き延ばします.-L. Breguet)制定して、そしてブレゲの恒久で不変の独特な標識の中の一つになります。小さい星の形の製造した分の目盛りと5分の目盛りのトビのカットは霊感を飾って1790年前に皇室の貢ぎ物に1件に生まれます。動力は目盛りを貯蓄して奇抜な小さい矢じりを採用して飾って、これは第92つの懐中時計の時計の文字盤の装飾物の啓発を受けるの1785年からです。エナメルの時計の文字盤の以外、モデルが更に18K銀をめっきする金の質の時計の文字盤を提供して選ぶことができるのを表して、36ミリメートルと39ミリメートルの2種類のサイズの時計の文字盤もモデルを表すために豊富なオプションを加えます。金の質の時計の文字盤は手製で各式の図案を彫り刻むで、この古い技術は2つが多い世紀前にまで(に)さかのぼらなければならなくて、その時の表を作成する師は巧みで完璧な技術に頼って豊富な経験と時計の文字盤の上で丸くない真珠が彫刻して模様を刻みを彫刻して、ブレゲの独特な標識の中の一つにもなります。その時の作品のように、このつはモデルが包装に高価なBurrノニレの木で包装させられて箱の内で売り出しに対してなりを表します。伝統の尊重に対してから、このモデルは皆エナメルの時計の文字盤を採用して、ブレゲの数字を採用します。その中の1モデルが更に象眼して完全にダイヤモンドを切断する重い0.72カラットの96粒があって、きらきら光ってまばゆいです。

その外、更に革新性の採用のケイ素の材質を表してモデル、各部品の重さを表し軽減するだけではなくて、更に高まって耐震性能を表して、もっと重要なのは、ケイ素は磁性がないも潤滑にする必要はなくて、完璧に符合する時計算して必要です。時計の文字盤の中央は中央の時計の針、分針と秒針の以外、2項の複雑な設計を加えます:12時位置の月相がはっきりしていて月相が満ちて欠けるのを表示して、3時に位置の動力はインジケーターを貯蓄して精密で必ず余る動力時間にヒントを与えます。含むCalibre591DRLを表して自動的に鎖のチップの厚さの3.02ミリメートルだけに行って、モデルを表し同族列の中で最も薄い1モデルになって、非常に人目を引きます。モデルを表す以外、スーツの贈答用ケースはまた(まだ)1枚の組み合わせてセットにするネックレスのペンダントトップと1対の袖ボタンを含んで、皆心をこめて製造して、よく合うより多く選びます。きんでている品質のの時に計算して並外れている夫を贈って、たいへん持ちつ持たれつで更によくなります。

カテゴリー: 最新news パーマリンク