セイコーProspexシリーズTurtle Blue Lagoon腕時計

現代Turtleは実は前世紀70年代の中に80年代の末のセイコーの6309(日本市場が6306という)潜む水道のメーターのがもう1度刻むまで(に)、その特徴はカメの殻の類の殻の形(国内の時計の謎の普通がアワビの殻と称する)のようであるだ形です。通常、セイコーはTurtle潜む水道のメーターが手元(体)に使うにすべて比較的地味な色で、あのすばらしい黒色バージョン(SRP777K1)を含みます。でも去年出したPADI版はよく見通しがつきを要してしかも多く大いに好評を受けます。このTurtle Blue Lagoon腕時計は今年私個人は去年の百事に比べてPADIを閉じ込めてモデルを表す更にきれいだと感じます。濃い藍色で浅い青緑色の青のバイカラーのを混合して回転して潜む水道のメーター組み合わせの太陽の紋様の飾るコアティールの時計の文字盤を閉じ込めることができて、しかも色は外部の環境光の変化が異なる印象と感想を現しに従って、あなたの深い体を青い湖水の変換ができさせます。

今までのセイコーTurtleとと同じに、時ポインターを表示するのはと皆白色で、巨大ではっきりしていて、腕時計のを強めて性を読みやすいです。モデルがPADI時計のモデルとと同じに45ミリメートルのサイズの大きさのの“turtle”を採用して殻を表しを表すべきで、原版の44ミリメートルより少し大きいです。でもサイズはとても大きかったですけれども、しかしその時計の耳が小さいため、だから慣れて決して大を現しありません。

私達はその慣れる効果を見ることができて、とてもきれいです!その他の方面となると、腕時計はステンレス製を採用して、同時にステンレスの時計の鎖を配備して、内部は搭載するのCal.です4R36型は自動的に鎖のチップに行って、日曜日に経過する指示機能を持って、日曜日に窓口を経過して3時に位置、今までの時計のモデルとと同じを開きます。

カテゴリー: 最新news パーマリンク